ホーム > ITIL合格証を取るための勉強方法
ITIL合格証を取るための勉強方法

【ITILの意味はなんですか】

ITILというのは言葉はInformation Technology Infrastructure Librualyの略称として、コンピュータシステムのオペレーションに欠けないベストプラクティスを集大成した英国の規格の事を表します。

これを作成するには、沢山のSEやアナリスト・プログラマの工数が欠けられません、多数の情報システムは数十億円の費用もかかります、作成した後は正確に利用しなければ期待した効果が出ない事があります。実際に、情報システムが使われるライフサイクルの中で、総体費用の70%−80%は運用に消耗されたと言われた事があります。その運用フェーズの効率ヤ品質を引き上げるために、標準化と、使用した言葉を厳しく定義し・引き続いた改善の色々な側面から経験が要求されました。それを纏めあげるフレームワークを提供する事がのITIL解釈として理解しても良いでしょう。

【合格証を取るための学習方法は何ですか?】

ITIL資格試験はまだ日本で行ったばかりで、教科書もイギリスのそれを翻訳した物が数冊出しか出ていません。と言う事で、合格証を取る人ほとんど講習を受ける事を通して学習しています。基礎部分の講習はより理解し易いですが、日本ではまだマスターの講習を展開するのが少ないので、マスター試験に合格した者はかなりの希少資格の所持者と言っても過言ではないでしょう。それに基礎部分の講習と試験を受けるには合計20万円位の費用がかかります。
関連記事


おかげさまで無事に合格しました。 Oracle 1Z0-536 Oracle Exadata 11g Essentialsを...
- reiko cho, 千葉県
おかげさまで合格できました。...
- 岡田 祐二, 名古屋市
9割以上、購入した問題から出題されました。本当に、覚えるだけで合格することができ...
- Kohei Okamoto, Tokyo
ほぼ全問が的中しており、良い問題集でした。...
- 栗原啓一, 東京都豊島区