ホーム > MCA試験会場にはご心配なく
MCA試験会場にはご心配なく

MCA資格、及びそれを取るための各方面の注意点についてご紹介いたします。

MCAというのはMicrosoft Certified Associateの略称で、IT知識が得意で、また活かすことのできる人材を認める資格の一つです。

MCP(Microsoft Certified Professional)が上位資格として技師に向けているというなら、MCAは初級技師または営業職の方に向けていると言えます。

資格の種類は、MCAプラットフォーム、MCAデータベース、MCAアプリケーション、MCAセキュリティ四種類があります。それら全部取ったら、「MCAマスター」の称号を獲得することができます。

試験形式は、「CBT」です。「CBT」といったら、試験会場にあるパソコンを使って、画面上に出てくる問題を考えて、答えをその場でパソコンに入力するのです。試験が終わった後、パソコンから正しい結果が出るので、すぐに自分の点数がわかります。

試験会場と試験日程は会場によって違いますので、予め試験の実施運営を管理しているアール・プロメトリック社やピアソンVUE社、株式会社ジェイ・ジェイ・エスのサイトで確認しておいてください。

試験時間は50分間で、受験料は科目と問わず、すべて毎回9,450円(税込)です。

各科目についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事で確認してください。

関連記事


646-363を受験しました。問題集の出題率は、なんと100%!正直驚いてます。お陰様で自...
- 濱村 進吾, 東京都渋谷区
おかげさまで無事に合格しました。 Oracle 1Z0-536 Oracle Exadata 11g Essentialsを...
- reiko cho, 千葉県
この問題集の問題を丸暗記したところ、全く同じ問題が7割以上出ました。おかげで合格...
- 高橋航, Japan
I could pass the test of E20-001....
- ats, Kita city