ホーム > 転職に有利なCISA資格
転職に有利なCISA資格

ビジネス環境における情報技術の急速な発展に随って、情報システムは企業の目標達成や存続に重要な役割を果たすようになりました。その同時に、情報システムによる様々なリスクも時々発生し、企業に大きな損失を与えることもしばしばありました。

そのような事情から、現在情報システムによる可能なリスクを見つかり、統制の有効性を適当に評価できる情報システム監査人材は、多くの企業から注目されています。

このニーズに答えられるのは正にCISA資格です。

CISAを日本語で訳して「公認情報システム監査人」といいます。米国にある情報システムコントロール協会(英語の略称はISACAである、1969年に設立し、いまは70ヵ国に支部を持っています)によって実施されている国際的な認定資格です。試験には、情報システムの監査プロフェッションナルとしての経験やセキュリティ・コントロールに関する知識及び技術などを問われます。

現在の時点で、日本国内ではCISA試験に参加する年間人数は1500名ぐらいで、多数の企業のニーズに対応できない状態とも言えます。ですから、CISA資格を取得すれば、転職に有利だとされています。CISA資格を利用して以下の3つタイプの会社で活躍できます。

事業会社

・情報システム部門

・コンプライアンス部門

・セキュリティ部門

・内部監査部門

監査法人

・システム監査部門

・IT監査部門

・リスクマネジメント部門

コンサルティング会社

・Tオペレーション

・セキュリティ、コンプライアンスに関するコンサルティング部門

関連記事


VCP510の受験に使用。 素晴らしい的中率でした。...
- 寺井 敬, 埼玉県戸田市
的中率が高くて良い問題集でした。...
- Masayoshi Miwa, Musashino-shi,Tokyo
I could pass the test of E20-001....
- ats, Kita city
70-410を受験し楽々合格しました。 ほぼ同じ問題がでました。日本語訳の精度が高いと...
- takahashi masashi, 愛知県