ホーム > ITILの経験紹介及び過去問
ITILの経験紹介及び過去問

受験記

名前: ひろきち

受 験 日 : 2006/10/28

合 否 : 合格

言語 : 日本語

点数 : 85%

合格点数 : 65%

問題数 : 40問

受験時間 : 60分

勉強期間 : 一人勉強3か月と一日の社内セミナー

何度目の挑戦か :1回め

【 勉強方法 】

この「みんなの受験記」で紹介された教材ーー「ITIL入門」を買ってきて一人勉強を始めたのですが、最初の時教科書を読んでも意味わかんなくて困ったのですが、ネットで専門用語をまず探してちゃんと理解し、また収集したITILの導入事例を読んで、実在の状況と繋げて理論の意味をだんだんわかるようになりました。分かってきたら再度「ITIL入門」の内容を見たら割りと意味が把握できました。

丁度今仕事している会社で受験対策一日セミナーがオープンしましたので、そちらを最終確認として、その日に合わせて試験を予約しました。会社のセミナーで過去問が出されたシミュレーションテストを受けましたので、それが合格の直接原因だったと思います。

【 試験の感想 】

全部選択肢四つの択一問題で、問題文はほとんど一行で終わっています。もともと英文だったの文章でしたが、文法がおかしいところはなかったのです。回答に迷った問題が四つぐらいあって、見直しも含めて30分ほどで回答終了でした。完了ボタンを押すと即座に成績が出たのでびっくりしました。

【 受験者へのアドバイス 】

会社を通いながら勉強したので期間は長引いたのですが、集中して受験対策をひたすらやれば約一週間くらいで合格はほぼ大丈夫でしょう。

教科書の内容は、分かり切ったことや当たり前のようなことが書かれていますが、「知ってる」か「経験ししたことがある」だけでは合格できないと思います。しっかりした学習が絶対必要です。また話によると一定の期間において問題を変えているみたいなので、過去問を丸暗記しないでください。テスト時間は一時間あって余裕は結構あります。問題をちゃんと理解してから答えてください。

【 次のチャレンジ 】

これからどの試験を受けようかまだ考えています。

【 その他 】

ITIL教科書は、プロセスの関係が図で紹介されていて、テキストとして理解しやすかったのですが、ページ構成で構成管理のところがおかしい感じがしました。このほか、専門用語の解説には英語原文のつづりがほしかったですね。受験料18,900円はちょっと高いけど、合格したのでまあいいという感じです…

このサイトは結構参考になりました。どうも有難う御座いました。感謝しています。

関連記事


VCP510の受験に使用。 素晴らしい的中率でした。...
- 寺井 敬, 埼玉県戸田市
この問題集の問題を丸暗記したところ、全く同じ問題が7割以上出ました。おかげで合格...
- 高橋航, Japan
HPのCCI資格取得で利用しました。他にこれといった参考書や問題集も見当たらず、講習...
- 千葉 豊, 東京都
最初は正直怪しいと思っていました。騙されて、お金を無駄にするのかなとも思っていま...
- Kazuki Yamachika, 千葉県市川市