ホーム > 評価の高いIT関連資格
評価の高いIT関連資格

IT関連の資格は数が多くて分野も広いです。また種類も国家資格と民間資格と分けてありますので、全体を『0S系』、『Data base系』、『Network系』、『開発系』に分けて、「評価の高い資格にはどんな資格があるのか」、「取得すれば評価される資格にはどんな資格があるのか」という質問から評価の高いIT資格を並んで見ました。

◎OS系

OSでシェアがある製品にはWindows、Linux、UNIXなどがあります。それぞれの資格保有者はOSに詳しい人材として認定されます。

・Windows:Microsoft認定のProfessional資格にはMCP、MCSEなどがあります。

・Linux:Linuxにもいろんな種類がありますが、中立的、国際的なLinuxの資格はLPICです。

・UNIX:UNIXの定番OS「Solaris」の資格にはSCSA、SCNA、SCsecAなどがあります。

◎Data base系

Data baseと言えばOracleです。Oracleは圧倒的なシェアを確立しているData baseソフトです。Data base資格の保有者はData baseができる人材として認定されます。

・Oracle資格にはOracleMaster Bronze、Silver、Gold、Platinumなどがあります。

◎Network系

NetworkでシェアがあるのはCisco Systems会社の製品です。Cisco製品の資格には、Entry、Associate、Professional、Expertなど四つのレベルに分けています。

・Cisco資格にはCCNA、CCDA、CCNP、CCDP、CCIEなどがあります。

◎開発系

ソフト開発言語にはいろんな言語がありますが、その中でシェアが高く、重要な言語はSun Microsystems会社が1995年に発表したObject指向の開発言語Javaです。

・Sun資格にはSJC-AとSJC-Pがあります。(Sun認定の初級資格です。)

関連記事


合格したいです...
- 安楽英二, 日本
最初は半信半疑でしたが、この問題集を覚えた結果、ほぼ同一の問題で、合格できました...
- 高橋航, Japan
よい問題集でした。的中率は90%でした!!おかげさまで1週間ほどの勉強で獲得しました...
- 増田健治, さいたま市
よい問題集提供されて、ありがとうございます。短い期間で合格できるのがうれしいです...
- 大原伸介, 京都府