ホーム > LPI試験の合格ラインについて
LPI試験の合格ラインについて

LPI試験は何ですか?

LPI認定試験は国際的な認定試験として、世界中のLinux専門技術者の能力を証明する資格です。Linuxディストリビューションが特殊化ではなくて、OSとしての知識を追求することはLPI認定試験としての特徴です。様々な方面に広く応用されるから、LPI認定試験はLinuxの技術力を証明する資格として、もっと注目されてきます。101試験と102試験のどちらか合格しないと、基礎レベルとしてのLPI認定レベル1(LPIC1)の合格を取得できないので、ご注意してください。

試験概要

*101試験(Linux一般1):試験時間は90分、約60問の試験問題があります。合格ラインは500点(得点範囲は200〜890点)です。 101試験はRPM(RPMパッケージ)とDPKG(debパッケージ)があり、その2種類のパッケージから一つを選択することです。

*102試験(Linux一般1):試験時間、試験問題数や合格ラインは101試験とほぼ同じです。受験料は1科目につき15,750円(税抜き:15,000円)です。

*試験のやり方

試験会場に準備したコンピュータを使ってテストします。そして、多くの試験問題が多岐選択で、マウスの操作でやりますが、キーボードの記入で解答する問題も少しあります。

*合否結果や資格認定

試験が終わった後、合否や得点のお知らせは、スコアレポートに印刷してから渡されます。101試験と102試験両方も合格すれば、2ヵ月ごろ後にLPI本部(カナダ)からの認定証をもらいます。

関連記事


ご担当者様 下記のようにサイトに掲載されておりますが未だ問題集をいただけておりま...
- 寺井 敬, 埼玉県
1Z0-055J.pdfを購入して、おかげさまで無事に合格しました。 Oracle 1Z0-536 Oracle ...
- reiko cho, 千葉県 浦安市
190-801を受験。98%の的中率でした。 問題の選択支の順番まで的中しました。素晴らし...
- 谷口 義男, 東京都台東区
受験勉強のために使う。...
- 陳 冠宇, 神奈川県横浜市