ホーム > PMP通信教育に関しての講座
PMP通信教育に関しての講座

我々はプロとしてPMPを目指すための通信教育講座を行います。ここでは簡単にご紹介いたします。

講座の目的について、下記の二つになります。

自分自身のレベルを分析することによってPMP試験合格に何か不足なところがあるかを発見します

(これから)今迄の結果に照らし合わせ、合格するかどうかの判定を行います。 (現時点では講師の主観意見に基づき、合否判定をしますが、正直にいうとこれは不科学です)

この講座の最終設定は以下のようなニーズに基づきました。

自分の強い所や弱い所が分析できません

受験にチャレンジしたけど、残念ながら不合格で、実際の試験を経験した結果、どんな形で勉強したらいいかにはすごく迷っています

四択以外の学習方法を知りません、しかも必要性もまったく分かりません

PMP受験を成功するために、一体どういう能力が必要なのかも分かりません

知識だけを持っていれば合格できるという考え方は全然間違いました

四択の問題を繰り返し繰り返し練習すればきっと合格できるという考え方が違いました

何回受験しても落ちてしまい、どんな方法をを勉強すればよいのか全く分からなくなってしまいました。しかも自分にも自信がなくて、正しく見つめ直すことが出来ません

次はこの講座の内容をご紹介いたします。

この講座は、ただ試験に合格することのみを目的としていますので、勉強時間証明の発行は致しません。また、実際に出題される問題、傾向、内容と全然違って、つまり一緒になることはありません。

3時間200問の練習問題に取り組みます。そして回答の結果に基づき、ちゃんと分析して、自分の不足な所を見つけます。この分析は、どの知識エリア、どのプロセス群というような軸ではなく、どんな知識が不足するか、どんな能力がまた必要なのか、判定できるような仕組みとなっています。

また、全部の解答データを整理し、問題の精度を分析します。実際の合格者がどの問題に正解しているかなども分析し、それにフィードバックをします。

関連記事


この問題集の問題を丸暗記したところ、全く同じ問題が7割以上出ました。おかげで合格...
- 高橋航, Japan
190-801を受験。98%の的中率でした。 問題の選択支の順番まで的中しました。素晴らし...
- 谷口 義男, 東京都台東区
9割以上の問題があたっておりました。日本語訳の精度も高く、大変助かりました。...
- Kohei Okamoto, Tokyo
的中率が高くて良い問題集でした。...
- Masayoshi Miwa, Musashino-shi,Tokyo