ホーム > ITIL® V3 ライフサイクル全体の管理コースについて
ITIL® V3 ライフサイクル全体の管理コースについて

ここでITIL® V3 ライフサイクル全体の管理コースについて簡単にご紹介いたします。

ITIL V3 ではライフサイクルの視点が強調されています。ライフサイクルの視点が必要なのは、ビジネス戦略とITサービス戦略の整合性をとらなければならないことが重要視されてきていることを物語っています。

ライフサイクル全体の管理コースというと、サービスライクサイクル、またはサービスケイパビリティ インターミディエイトコースにおける最終モジュールです。それによってITILサービスマネジメント課程でのITIL Expert認定取得を目指します。

このコースの内容ついて、基本的にはITILV3 コア書籍の内容を説明します。具体的に言うと、ビジネスへのフォーカス、サービスライクサイクル上のプロセスの管理、目標、目的、機能、活動、およびプロセス間のインターフェースや相互関連の物までも全部波及されています。

勉強期間ですが、共に五日間にわたっています。

受講者参加型のシナリオベースのトレーニングを採用し、受講者がITIL ベストプラクティスの原理原則を勉強し、認定試験の合格にもきっと力になっていきます。

関連記事


cdia+ に合格したいです。 問題集期待!...
- ENDOH TAKAHITO, higashiohsaka
190-802を受験しました。 90%以上の的中率でした。 素晴らしい問題集です。...
- 中村 和夫, 東京都
ほぼ全問が的中しており、良い問題集でした。...
- 栗原啓一, 東京都豊島区
よい問題集でした。的中率は90%でした!!おかげさまで1週間ほどの勉強で獲得しました...
- 増田健治, さいたま市