ホーム > PMP資格更新方法及び注意事項
PMP資格更新方法及び注意事項

ここではPMP資格更新方法及び注意事項を少し紹介いたします。

先ずは、資格更新のやり方です。

60PDUに満ち、そして活動の内容はPMI本部のCCRレコード・オフィスの審査と合致した者は、PMI本部からのEメールの資格更新通知が届けます。そのEメールから更新するサイトが分かれます。とても大事なメールだから、よく気をつけないとやばいことになります。

本部の資格更新通知のメールの送る時間は普通、60PDU以上の申告をしてから2〜3週間の後です。

メールが届かない人は、PMIアジアパシフィックサービスセンターへ連絡すればいいです。

また、更新にいくつかの注意すべきとこらがあります。

早く申し込めば、早く更新ができます。CCRサイクルが終わるまでに更新手続きを完了させなければなりません。

60PDU以上に満ちた人は、CCRサイクルの終了を待たなくても、PMPの更新ができます。だから、ちょうど貴方の活動がPDUを取得ことのできることなら、早く申込を出たらどうでしょうか。

次、持ち越しの細則も知っておきましょう。

60PDU以上の場合は翌年に持ち越すことができます。

CCRサイクル期間の3年間に60PDU以上を取得し、60を超える部分は次期のCCRサイクルにもち越せるPDUの最高限は3年目に取得した20PDUです。

たとえば、1年目には30PDUの取得、2年目は35PDUの取得、3年目は25PDUを取得したとしても、3年目に取得した25PDUのうち、持ち越せるのは20PDUしかありません。

最後、CCRサイクルの終了までにPDU申請が60PDUに満たなかった場合は、期限終了後の翌年1年間は資格が取り消されるので、3年目にPDUの取得が集中しないよう、計画的な取得を行う方がいいと思います。

関連記事


1Z0-055J.pdfを購入して、おかげさまで無事に合格しました。 Oracle 1Z0-536 Oracle ...
- reiko cho, 千葉県 浦安市
先日、このテキストを利用してFile Maker11の試験に臨んだ所無事合格する事が出来まし...
- 山田 真理, 大阪市中央区高麗橋
Oracle10GGoldまで合格し、次のRAC Expert合格を目指しています。...
- 山口恵梨子, 習志野市
先日70-290合格しました!1週間勉強したのですが、問題集が届いてからの一週間で取れ...
- 光安仁志, 横滨