ホーム > LPI認定資格についての情報
LPI認定資格についての情報

LPIはLinuxテストを平等的、公正的な基で行うため、特定非営利活動法人として運営され、LPIに承認する会社や団体からの寄付金によって、設立されました。

日本全国でLPIC 認定を実行させるために、LPI-Japanが設立されました。そのおかげて、Linux有識者を養成させ、さらには Linux ビジネスの発展を促進させることができます。ちなみにLPI が行うLinux 技術者認定テストがいわゆるLPIC です。

2000年から認定テストを始めましたが、当時のOS「オペレーティングシステム」 はクローズドソース、言い換えればどのように作用されているのかはさっぱり分かりませんでした。

エンジニアは、アプリケーションを動作させるプラットフォーム、OS に向くアプリケーションソフトの研究に力を入れます。アプリケーションソフトが複雑であれば、OSをカスタマイズしないと、動作を実現できない恐れがあります。ですから世の中の唯一な内容が公開「オープンソース」 されていてカスタマイズ可能なLinuxに関心を寄せます。これからLinuxを日本に普及させる可能性がありますから、Linuxの認定資格制度を日本に設立させました。そしてたくさんの技術者にLinux の授業をしてもらうために、 LPI-Japan を立ち上げました。

Linuxの基礎能力の証―レベル一が2000年から始まって、 OSのチューニングやファイル管理・セキュリティ管理・トラブルシューティング能力の証−レベル二が2001年から始まって、エキスパートとしての能力の証―レベル三も2006年から始まりました。今、世界の百五十以上の国で実施され、日本では、LPICテストを受ける人の数はが十一万六千人に達し、合格する人約四万人になりました。この調査の結果は、中立系のIT認定の中では情報処理テストの以外に、一位となっています。
関連記事


無事合格できました。購入してよかったです。他の試験でも活用したいと思います。...
- Mi naka, Kanagawa
VCP510の受験に使用。 素晴らしい的中率でした。...
- 寺井 敬, 埼玉県戸田市
おかげさまで無事に合格しました。 Oracle 1Z0-536 Oracle Exadata 11g Essentialsを...
- reiko cho, 千葉県
Just passed the 70-291 Exam 2 hours ago with 920/1000! All questions were simila...
- 原田一郎, 三鷹市