ホーム > CCNAとCCENT受験合格の為に学習環境を整えましょう
CCNAとCCENT受験合格の為に学習環境を整えましょう

最近、技術の革新と伴って、CCNAとCCENT試験にも些かな変更が出てくるようになります。ですから、新しい環境になれて、試験にうまく対応できるために、我々の学習環境(実機・シミュレータ)を整える必要があります。

まずCCNA試験ですが、昔ですと、合格する為に、実機で勉強することも要りますが、数台のルータだけでも試験を充分対応出来ます。しかし、現在ですと、試験の出題範囲が広くなるにつれて、数台だけでは足りなくて、試験範囲の全てを学習するにはもっと多くのルータが求められるようになりました。変更はこれだけでなく、他にもあります。例えば、スイッチのテクノロジに関する話が多くなっていて、それに伴い、スイッチ関係の問題もかなり増加してきます。そのため、ルータの他にスイッチが少なくとも2台は準備しておかないと駄目です。

CCENT試験に関しては同じことだと言われています。

実機で実習環境を整える為に、ルータやスイッチの完備はもちろん、それらをつなぐケーブルも欠かせないものです。それに、機種によっては、MAU(トランシーバ)が必要になるかもしれません。

ようするに、本当に試験範囲をある程度網羅した実習環境を整えたいと考えるならば、それなりの費用が必要です。

関連記事


先日、このテキストを利用してFile Maker11の試験に臨んだ所無事合格する事が出来まし...
- 山田 真理, 大阪市中央区高麗橋
的中率が高くて良い問題集でした。...
- Masayoshi Miwa, Musashino-shi,Tokyo
190-802を受験しました。 90%以上の的中率でした。 素晴らしい問題集です。...
- 中村 和夫, 東京都
good tool to study....
- Motoo Sakai, Japan