ホーム > IT資格の市場価値について
IT資格の市場価値について

Tech総研によってIT資格を既に獲得した300人のITエンジニアに対してアンケート調査をしました。そして「既に獲得したIT資格の中では最も市場価値のある資格或いは一番役立っている資格はなんでしょうか」という質問に対して最も市場価値のあるそして役立つ資格の第一位として多くのエンジエアは『ソフトウェア開発技術者』という資格を選びました。

そしてシスコ技術者認定やテクニカルエンジニア(ネットワーク)、MCP、ORACLE MASTERなどのIT資格の定番とも思われる資格も挙がられました。上述のような定番資格を既に取得した人の人数が非常に多いらしいです。言いかえれば、獲得者の人数が多ければ多いほど資格の価値それと同時に下がっていくはずだと認識されています。一体上述のようなIT資格は、どれぐらいの価値をあるのでしょうか。

プロジェクトの内容がまだ把握できていないと言われる20代のエンジニアは、現在の転職市場では非常に有利だと言われています。国内大手であるSIerや他の他国籍企業などでも、ITの基本知識が沸かっていることを証明するためにこの資格を大推薦されています。でも同じ資格であっても30代になりますと、獲得時期が違いますので、ポイントもそれと同時に下がります。ですからなるべく早い段階で資格を取得したほうがいいと思います。もっと現実的にいえば資格を取れば、報奨金をもらうことができたり、給与が数万円をあげることもできます。また職場を変えようと考える時にも有利になるには違いません。
関連記事


最初は正直怪しいと思っていました。騙されて、お金を無駄にするのかなとも思っていま...
- Kazuki Yamachika, 千葉県市川市
Oracle10GGoldまで合格し、次のRAC Expert合格を目指しています。...
- 山口恵梨子, 習志野市
非常に質の良い問題集でした。 感謝しております。...
- mamoru uchiyama, KANAGAWA
おかげさまで合格できました。...
- 岡田 祐二, 名古屋市