ホーム > ITサービスマネジメントの資格認定が始まりました!
ITサービスマネジメントの資格認定が始まりました!

6月27日にエクシン・ジャパンは、ITコンサルタント認定が正式に始まることを公式発表しました。ITコンサルタント認定は、ITサービスマネジメントの国際規格である「ISO20000」に基づいて計画された資格です。最初は英語で始まりますが、日本語版は今年の秋に登場する予定だそうです。ITコンサルタント認定では、ITサービスプロバイダーに勤めるITプロフェショナルの基本知識が問われます。この認定は、既にITILファンデーション資格と並ぶほどの大事な資格になっています。

企業の情報システム部門やITサービスベンダーにより良くITサービスを提供してもらうために、管理フレームや評価基準がなければなりません。ISO20000は、その評価基準を決める用に必要なものです。ちなみにですが、ISOは2005年12月にBS15000からグレードアップされてきたものです。

ITプロフェッショナル向けの認定体系は、4つの段階からなっています。それぞれは、「ITILファンデーション認定」、「サービス品質マネジメント・ファンデーション認定」、「ITILサービス&プロセス・インプルーブメント認定」と「サービス品質マネジメント・アドバンス認定」です。また、ITILマネージャ資格は、ITILサービス&プロセス・インプルーブメント認定と同じように扱われています。

エクシン・ジャパンは、ITプロフェッショナルに関する資格を認定する専門機関です。その認定は、全部ISO20000に基づいて行われています。また、エクシン・ジャパンでは、サービス品質マネジメント・ファンデーション認定が進行されています。

この認定では、主にISO20000に基づいて審査が行われます。特に品質マネジメントに関わる知識が求められます。また、試験内容は、SO20000の基本コンセプトに合わせる、計40問の選択式問題からなっているそうです。

イクシンの代表役の中川悦子氏は、今回の認定資格について次ぎのようにしゃべりました。「ドキュメント作りのためのマネジメントシステムでは何の意味もありません。ちゃんとしたシステムとして回して行くには、現場のエンジニアが分かる上でしっかり操作していかなければなりません」。また、ITコンサルタント認定は、IT技術者が所有する専門知識とスキルを最も証明できる資格になるとも言っています。この状況から見ると、ITコンサルタント認定は間違いなく、注目を浴び続けることになるでしょう。
関連記事


ほぼ全問が的中しており、良い問題集でした。...
- 栗原啓一, 東京都豊島区
Oracle10GGoldまで合格し、次のRAC Expert合格を目指しています。...
- 山口恵梨子, 習志野市
My friend passed the I10-001 thanks to Elite certify.Thank you very much!...
- yoshi, Japan
HPのCCI資格取得で利用しました。他にこれといった参考書や問題集も見当たらず、講習...
- 千葉 豊, 東京都