ホーム > IT 資格の種類について紹介する
IT 資格の種類について紹介する

IT関連資格の種類について紹介させていただきます。IT関連資格は大きく分けて、国家資格、公的資格と民間資格の三種類があります。次は、それぞれ具体的に紹介させていただきます。

一、まずは、国家資格というのはどんな資格ですか?

国家資格というのは、法律に基づいて国家または国家に委託されている機関に行われる資格のことを指します。国家資格保有者は、知識やスキルがある水準に達していることを国家に認定されます。

国家資格としては、弁護士などの資格習得が業務遂行のための必須条件となっている業務独占資格や、中小企業診断士などの有資格者だけが名乗ることを認められている名称独占資格、それに特定の事業を実施する時に法律で義務づけられている設置義務資格が挙げられます。

国家資格の取得はとても難しいとはいえ、取得したら職業的な地位が保障されますし、社会的な信用度も高くなります。

二、次ぎには、公的資格というのはどんな資格ですか?

公的資格というのは、国家資格と民間資格の間に位置している資格のことを指します。その資格は、民間団体または公益法人により行われて、文部科学省または経済産業省などの官庁もしくは大臣により認定されます。

民間団体に行われる資格であるといっても、信用度や認知度の高い公的資格がたくさんあります。公的資格を取得したら、公的に通用し、国家試験に準ずる資格ですので、ある水平の能力が備わることを保証することができます。そのため、就転職にはとても役立ちます。

三、最後は、民間資格というのはどんな資格ですか?

民間資格というのは、民間団体または企業が、各自の審査目安を設定して任意で認定する資格のことを指します。

企業によっては、国家資格や公的資格と同じく、知識と技能を持っているものとして広く認知されている資格がたくさんあります。また、ダイレクトに職業に結びつく資格もあります。認知度と信用度が高いほど資格の取得がもっと難しくなります。

ところが、民間資格は法律によって制度化されていません。それで、資格の有効度などの言葉を巧みに利用している商法もたくさんあります。ですから、くれぐれも気をつけてください。

関連記事


よい問題集でした。的中率は90%でした!!おかげさまで1週間ほどの勉強で獲得しました...
- 増田健治, さいたま市
646-363を受験しました。問題集の出題率は、なんと100%!正直驚いてます。お陰様で自...
- 濱村 進吾, 東京都渋谷区
cdia+ に合格したいです。 問題集期待!...
- ENDOH TAKAHITO, higashiohsaka
的中率が高く、良い問題集でした。おかげで合格できました。...
- mamoru uchiyama, KANAGAWA