ホーム > MCASのレベル、試験時間、合格ラインと問題数について
MCASのレベル、試験時間、合格ラインと問題数について

●MCASのレベルについて

MCASには、MOSみたいに「スペシャリストレベル」や「エキスパートレベル」というものが設けられていません。エクセルとワードは両者の中間程度に位置づけすると発表されています。

具体的には、オフィススペシャリストの2つのレベルに合わせたものとなりますので、試験範囲はMOSよりも広くなり、受験に当たりまして、しっかり勉強しておく必要があります。

●MCASの試験時間について

MCASの試験時間は科目によって若干差があります。Office2003、Excel2002及びWord2002のスペシャリスト/エキスパートレベルの試験時間は50分です。その他の試験は45分です。

本番の試験をスタートする前に、受験者登録や説明などが行われていますので、実際の所要時間は70分〜90分を見込んたほうがいいでしょう。

●MCASの合格ラインについて

合格ラインは「1000点満点で550点〜850点」としか発表されていません。しかも、主催者のMicrosoft社から、随時変更可能という旨のお知らせがあります。科目別の合格ラインは試験終了後に確認することようになっています。

●MCASの問題数について

問題数はアプリケーションの科目とバージョンによって異なります。「15問〜40問」と大まかな範囲しか公表されていないが、通常は20問〜35問が出題されます。
関連記事


Just passed the 70-291 Exam 2 hours ago with 920/1000! All questions were simila...
- 原田一郎, 三鷹市
9割以上、購入した問題から出題されました。本当に、覚えるだけで合格することができ...
- Kohei Okamoto, Tokyo
CCAに合格ように...
- 顧天, 川崎市中原区
70-410を受験し楽々合格しました。 ほぼ同じ問題がでました。日本語訳の精度が高いと...
- takahashi masashi, 愛知県