ホーム > PMPの合格基準と受験前提条件について紹介します
PMPの合格基準と受験前提条件について紹介します

先ずPMPの合格基準について紹介させていただきます。

、全世界で共通するCBT(Computer Based Test)

、4択式、200問、4時間

、合格基準は満点のうち106点以上を取ること

、PMBOK®の内容を中心に出題する

、英語となりますが、日本語翻訳表示を選択することができます。

次はPMP受験の前提条件について紹介させていただきます。

、PM教育機関で35時間以上の学習が必要とする。

、プロジェクトを指揮及び監督する立場で一定期間のプロジェクトマネジメントの経験が必要とする。

、高校卒業またはそれに相当する資格をお持ちの方は、プロジェクト業務を指揮及び監督する立場で、7500時間の実務経験そして60ヶ月のプロジェクトマネジメント経験

、大学卒業またはそれに相当する資格をお持ちの方は、プロジェクト業務を指揮及び監督する立場で、4500時間の実務経験そして36ヶ月のプロジェクトマネジメント経験

こちらはPMIにより変更されるところがあると思いますが、お申し込みの前にPMIのホームページにてご自身で確認されたほうがいいと思います。

関連記事


よい問題集でした。的中率は90%でした!!おかげさまで1週間ほどの勉強で獲得しました...
- 増田健治, さいたま市
模擬問題の的中率は、8〜9割程度でしたが、無事合格できました。ありがとうございます...
- 木幡美子, 東京都
この問題集になかった問題は、全問中3問のみでした。相変わらず的中率は 高いと思いま...
- 藤井真彦, 大阪府
よい問題集提供されて、ありがとうございます。短い期間で合格できるのがうれしいです...
- 大原伸介, 京都府