ホーム > IT用語集:PMPについて
IT用語集:PMPについて

IT用語集:PMP資格について簡単に紹介いたします。

PMP資格というのは、アメリカの非営利団体であるPMI(プロジェクトマネジメント協会)に認定されている、PM(プロジェクトマネジメント)についてのプロフェッショナルを認定する資格のことを指します。同団体が「PMBOK」(Project Management Body of Knowledge)としてまとめた知識体系に準拠して試験が行なわれ、受験者はプロジェクトマネジメントに関する体系化されたアプローチ、方法論、事例に関する知識を問われます。

PMP資格では、PMI(プロジェクトマネジメント協会)がプロジェクトマネジメントについてのマネジメント手法を研究した成果として発表されているPMBOK(Project Management Body of Knowledge)の知識体系に基づいて試験を実施しています。対象者となるのは、プロジェクトの進行マネジメントについての専門知識と経験を持っていうる人であります。PMP資格は「Category1」と「Category2」に分かれます。Category1は受験資格として、大卒以上及びプロジェクトマネジメント業務を4500時間(三年以上)経験などが求められます。Category2は、高卒(程度)及びプロジェクトマネジメント業務を7500時間(五年以上)経験などが求められます。言い換えれば、資格を取得するためには、ある程度の学歴条件や実務経験、PMに関する教育機関で一定時間以上のトレーニングを受講し修了していることに加えて、試験を通過することが必要となります。体系的知識を備えているとみなされる方にはPMP資格の認定が与えられます。

試験はコンピュータ端末により実施されます。英語で出題されるが、日本語翻訳表示もできます。テストを通過した後も、一定期間ごとに継続認定要件を満足するためのトレーニングの履行が必要となります。もしもこれらの条件を満たさなければ、資格を維持することはきわめて無理です。

PMPは公的な資格ではありませんが、国際的に認知されている資格であります。それで、IT業界をはじめとして評価されやすいです。日本では、PMI東京支部が情報提供やセミナーの開催を実施しています。

PMP資格と同じなPMに関する資格テストとしては、情報処理推進機構(IPA)が国家テストとして認定している、プロジェクトマネージャ試験があります。 PMPはPMBOKとともに世界中で事実上の標準となっており、国や文化を超えてプロジェクトマネジメントについてのスキルを評価する手段として、様々な業界からの注目を集めています。

関連記事


おかげさまで合格できました。 すごく的中率です。 カスタマーサービスも非常に素晴ら...
- 志成, 東京都豊島区
190-801を受験。98%の的中率でした。 問題の選択支の順番まで的中しました。素晴らし...
- 谷口 義男, 東京都台東区
お世話になっております。先日 70-291 を受験し、一発で合格をしました。最初は「本当...
- 吉田XX, 神户
先日、このテキストを利用してFile Maker11の試験に臨んだ所無事合格する事が出来まし...
- 山田 真理, 大阪市中央区高麗橋