ホーム > Linux技術者認定資格試験(LPIC)
Linux技術者認定資格試験(LPIC)

Linux技術者認定試験(LPIC)というのは、Linuxに対してどれだけの技術力を把握できているのかを認定する中立資格試験の一つです。Linux(リナックス)というのは、Webサーバーや企業内の基幹サーバーの「OS」のことで、近年に渡って市場シェアが急速に伸ばしてきています。

Linux技術者認定(LPIC)の試験はレベル1とレベル2の二種類があります。レベル1では特に基礎知識などが出題されていて、レベル2では応用管理やトラブルの解決能力等を出題される傾向があります。Linux技術者認定試験(LPIC)に受験資格はなく、学歴、年齢そして男女にかかわらず、だれでも簡単に受験できます。ただし、レベル2を受験する場合には、前提条件として先ずレベル1試験を合格しないとレベル2の試験を受けられないということがあります。

Linux技術者認定試験(LPIC)有資格者は、Linuxに関連する知識やスキルを証明できる世界共通の資格として、就職そして転職した時にも高い評価を獲得できるでしょう。

資格取得のための通信講座について紹介させていただきます。

自分に相応しくない通信講座をむりやりに出ていても、ただの時間やお金の無駄なので、先ず無料コースを申請して、コース内容やサポートなどが自分の状況に相応しいかどうかについて確認しておいたほうがいいでしょう。TVコマーシャルでお馴染みのユーキャンの通信講座がたくさんあります。分かりやすい教材と担当教師の丁寧な説明で、トータルで120時間の講座もあります。通信講座の種類ごとに料金や期間の比較もできますので、気になるコースがございましたら一括して無料資料をご申請ください。

関連記事


この問題集の問題を丸暗記したところ、全く同じ問題が7割以上出ました。おかげで合格...
- 高橋航, Japan
的中率が高くて良い問題集でした。...
- Masayoshi Miwa, Musashino-shi,Tokyo
受験勉強のために使う。...
- 陳 冠宇, 神奈川県横浜市
642-902に合格しました。...
- 木戸 啓太, 東京都品川区