ホーム > 講座内容(ITスペシャリスト資格養成講座)
講座内容(ITスペシャリスト資格養成講座)

講座内容(ITスペシャリスト資格養成講座)について:

各講座内容を簡単に紹介させていただきます。

1、講座名:OS基礎

講座概要:初心者を対象に、Windowsのinstallや設定から、複数のOSにおいて、トラブルシューティングができるように勉強します。IT業界における経験がない人は、まずはこちらの講座を受講されることをお薦めします。18時間(6回で毎回3時間)

2、講座名:hardware 基礎

講座概要:初心者を対象に、様々なhardware の役割の理解やhardware 増設などを学習して、さらにPCのtrouble 箇所の切り分け、対応ができるように勉強します。IT業界における経験がない人は、まずはこちらの講座を受講されることをお薦めします。18時間(6回で毎回3時間)

3、講座名:helpdesk 養成

講座概要:network の基礎概念の理解や接続設定、セキュリティ設定を学習します。また、実践的なトラブルシューティングを実施し、net 接続において、trouble 箇所の切り分け、対応ができるようになります。12時間(4回で毎回3時間)

4、講座名:Linux基礎

講座概要:Linuxの特徴やWindowsとの区別、Linuxの基本操作を学びます。 6時間(2回で毎回3時間)

5、講座名:LAN技術

講座概要:network の基礎知識、LANに関して学習します。トラブルシューティング、デザインなど高度な知識を学び、helpdesk やsupport engineer としての「基礎力」を身につけることができます。12時間(4回で毎回3時間)

6、講座名:通信プロトコル

講座概要:TCP/IPプロトコルの概要、network に関して習います。トラブルシューティング、デザインなど高度な知識を学び、helpdesk やsupport engineer としての「基礎力」を身につけることができます。12時間(4回で毎回3時間)

7、講座名:WAN・セキュリティ

講座概要:WANの概要とnetwork security に関して習います。トラブルシューティング、デザインなど高度な知識を学び、helpdesk やsupport engineer としての「基礎力」を身につけることができます。12時間(4回で毎回3時間)

8、講座名:シスコルータ & switch 設定

講座概要:シスコスイッチ・ルータを扱うのに不可欠のnetwork 知識から、setupと基本的な設定を学習します。なお、応用スキルを利用したnetwork の構築を学ぶことができます。36時間(12回で毎回3時間)

9、講座名:Java入門

講座概要:初心者を対象に、Javaの基本コマンドや特徴を学び、programmingの考え方、基礎を学習します。Java program を目指している人にこの講座をお薦めします。6時間(2回で毎回3時間)

10、講座名:Java program 基礎コース

講座概要:基本的なJava programming と開発系 engineer として不可欠のデバッグ能力(プログラムバグを発見・修正する力)を習得します。Java program を目指している人にこの講座をお薦めします。18時間(6回で毎回3時間)

関連記事


最初は半信半疑でしたが、この問題集を覚えた結果、ほぼ同一の問題で、合格できました...
- 高橋航, Japan
ほぼ全問が的中しており、良い問題集でした。...
- 栗原啓一, 東京都豊島区
この問題集の問題を丸暗記したところ、全く同じ問題が7割以上出ました。おかげで合格...
- 高橋航, Japan
good tool to study....
- Motoo Sakai, Japan