ホーム > 合格点を含めるPMP資格の変更
合格点を含めるPMP資格の変更

合格点を含めるPMP資格の変更

今日、私がPMPを受験した時に使った参考書の販売社であるRMC Project Managementから緊急知らせが届いてました。そのメールによって、PMIがPMP試験の内容を大幅に変更することが明らかでした。

RMC Project Management:http://www.rmcproject.com/

この記事にトラックバックを張ったり、リンクをつけたりすることで、この情報を世間に広がってもらえたらいいなぁと思います。

変更点は、一言でまとめて言えば、PMBOK第3版を元にしたテストは、9月30日から合格点数は、現行の68.5%から81.7%へ大幅にアップすることです。8月30日以降の試験申し込みには、実務経験にPM、及び指導者の経験が必須条件となります。しかも、単なるプロジェクト経験ではなくなります。プロジェクト情報に繋がる先を加えるPMIが独自に確認できるようにすることなのか?と言うものです。これは、大変になります。

メールにリンクされてあるホームページを辿ると、英文ですが、詳細が分かります。それをじっくり読むと、一番大きなショックを受けました!

現行試験は、200点が満点で、137点を取れば合格となります。しかし、9月30日以降は、200問中の25問はアンケートみたいな形で、採点問題ではありません。それに、どれがその問題か分からないようにランダムに配置されます。なお、少なくとも143問に正解しなければなりません。つまり、合格点数は、175問中143問の正解(正解率81.7%)ということになります。

こうなると、本気ムードで受験勉強しないと、合格は難しくなるでしょう。もし今年中にPMP資格を受験しようと考えている方は、9月30日までに受験したほうがいいと思います。しかも、もっとも大事なのは8月30日以前に試験申し込みを完了させることです。

関連記事


ほぼ全問が的中しており、良い問題集でした。...
- 栗原啓一, 東京都豊島区
おかげさまで合格できました。...
- 岡田 祐二, 名古屋市
CCAに合格ように...
- 顧天, 川崎市中原区
My friend passed the I10-001 thanks to Elite certify.Thank you very much!...
- yoshi, Japan