ホーム > ディストリビューションと広義のLPICと狭義のLPICについて紹介します
ディストリビューションと広義のLPICと狭義のLPICについて紹介します

ディストリビューションとはなんでしょうか?

Linuxを使ってみようと考えた時、最初に悩むのが間違いなく、ディストリビューションといわれるLinuxの配布形式の選定であるでしょう。ご存知でない人が見ると、ディストリビューションというものがそもそも一体なんのかが分かり難くて、貴方もLinuxがたくさんあるように思われるかもしれません。

最初の内にどのディストリビューションを選択することによって、Linuxのへの認識方も違います。

次は広義のLPICと狭義のLPICの区別について紹介させていただきたいと思います。

LPICというのは、もともとOSの中核であるカーネルと言われるものを指します。カーネルというのは、OSの本来の役割であるハードウェアの制御やファイル管理、ソフトウェアの実施判断、リソースについての管理を実施するところで、普段はユーザがカーネルの動作についてあまり注意しないはずです。

実際にユーザがもっとも注意するところはやっぱりアプリケーションであったり、OSの管理機能を使用するユーティリティソフトであったりします。最近のOSパッケージにはいろいろなソフトウェアが最初から追加しているため、OS本来の部分が一体どこなんでしょうか?非常に見えにくくなっているのも事実です。それを区別するのも、あなた次第の判断によって行います。

関連記事


非常に質の良い問題集でした。 感謝しております。...
- mamoru uchiyama, KANAGAWA
模擬問題の的中率は、8〜9割程度でしたが、無事合格できました。ありがとうございます...
- 木幡美子, 東京都
good tool to study....
- Motoo Sakai, Japan
よい問題集でした。的中率は90%でした!!おかげさまで1週間ほどの勉強で獲得しました...
- 増田健治, さいたま市