ホーム > ディストリビューションと広義のLPICと狭義のLPICについて紹介します
ディストリビューションと広義のLPICと狭義のLPICについて紹介します

ディストリビューションとはなんでしょうか?

Linuxを使ってみようと考えた時、最初に悩むのが間違いなく、ディストリビューションといわれるLinuxの配布形式の選定であるでしょう。ご存知でない人が見ると、ディストリビューションというものがそもそも一体なんのかが分かり難くて、貴方もLinuxがたくさんあるように思われるかもしれません。

最初の内にどのディストリビューションを選択することによって、Linuxのへの認識方も違います。

次は広義のLPICと狭義のLPICの区別について紹介させていただきたいと思います。

LPICというのは、もともとOSの中核であるカーネルと言われるものを指します。カーネルというのは、OSの本来の役割であるハードウェアの制御やファイル管理、ソフトウェアの実施判断、リソースについての管理を実施するところで、普段はユーザがカーネルの動作についてあまり注意しないはずです。

実際にユーザがもっとも注意するところはやっぱりアプリケーションであったり、OSの管理機能を使用するユーティリティソフトであったりします。最近のOSパッケージにはいろいろなソフトウェアが最初から追加しているため、OS本来の部分が一体どこなんでしょうか?非常に見えにくくなっているのも事実です。それを区別するのも、あなた次第の判断によって行います。

関連記事


おかげさまで無事に合格しました。 Oracle 1Z0-536 Oracle Exadata 11g Essentialsを...
- reiko cho, 千葉県
この問題集になかった問題は、全問中3問のみでした。相変わらず的中率は 高いと思いま...
- 藤井真彦, 大阪府
I passed E20-390 with your product, so I request you provide E20-885 product for...
- Taga, Tokyo
受験勉強のために使う。...
- 陳 冠宇, 神奈川県横浜市