ホーム > IT ストラテジスト 資格について
IT ストラテジスト 資格について

ITストラテジスト資格

1、試験概要(時間、問題数及び合格率)

事例解析と小論文のフォーラムで企業が抱える業務内容や経営戦略における問題を出題内容とします。情報処理試験の中でも最上流の分野の知識が必要です。

試験は三回あります。

午前 9:30から11:10まで、試験時間は一時間四十分で、問題は総五十五問あり、 問題形式は多肢選択式(四肢択一)です。

午後12:10から13:40まで、試験時間は一時間半で、問題形式は記述式で、問題は総四問があり三問を解答すればいいです。

午後14:10から16:10まで、試験時間は二時間で、問題形式は論述式(小論文)で、総三問で一問だけ解答すればいいです。

いずれの試験の合格率も8.5% です。

2、午前試験対策

午前試験に対策としては、過去の試験に出題された問題を解答する方法は何よりもいいです。午前試験は午後試験ほど難しくありませんが、午後試験に対しても有益な知識が問われますので、午前試験を馬鹿にしないで学んでください。

3、午後試験対策

午後試験の出題中心は、事例解析です。企業の経営戦略や業務プロセスにおける問題に対して、最適な解決方法が求められます。そのため、この試験は幾つかの候補の答案があります。ですから、業務要件を確実に把握して、一番適している答案を導き探し出す必要があります。

この試験では上流デザインの知識が出題内容となりますので、上流デザインを担当している人には役立つ試験です。そのほかに、顧客企業の業務プロセスの改善活動や、業務コンサルティングを担当している人には有利な試験です。それは、試験問題の内容と業務内容がぴったりして、解きやすいからです。どういっても、さらに幅広い視点から問題を見つめるようなトレーニングをしておきなさい。

4、午後試験対策

この試験の出題フォーラムは小論文ですので、受験対策としては、自分自身が経験したシステム化プランや、業務プロセスにおける改善判断と問題解決の事例を予めに整理しておくことがとても大切となります。受験する時、初めて文章を考えるのではありません。望ましいのは、受験する前に複数の事例を踏まえた論文をある程度考えておき、出題内容に即した形に成型して解くことです。

関連記事


先日、このテキストを利用してFile Maker11の試験に臨んだ所無事合格する事が出来まし...
- 山田 真理, 大阪市中央区高麗橋
ご担当者様 下記のようにサイトに掲載されておりますが未だ問題集をいただけておりま...
- 寺井 敬, 埼玉県
190-802を受験しました。 90%以上の的中率でした。 素晴らしい問題集です。...
- 中村 和夫, 東京都
この問題集になかった問題は、全問中3問のみでした。相変わらず的中率は 高いと思いま...
- 藤井真彦, 大阪府