ホーム > MCAS資格試験の難易度、ポイントなどを紹介します
MCAS資格試験の難易度、ポイントなどを紹介します

MCAS試験とは

MOS/MCASとは世界最大のソフトウェア企業、マイクロソフト社が主催するパソコン資格です。2007年7月にこれまでのMOS試験からMCAS試験へと名称が変わりました。現在MCASとは、Microsoft Certified Application Specialist(マイクロソフト認定アプリケーションスペシャリスト)の略です。

名称だけでなく内容もMOS試験とは大きく異なっています。

当サイトでは資格試験にチャレンジされる方に、資格試験の日程、試験の難易度やポイント、さまざまな疑問などを掲載しています。パソコン教室のインストラクターの経験を活かして皆様にご紹介いたします。

MCASの試験の知名度

MCASは、世界共通の国際資格で、世界中のどこでも通用する就職、転職に非常に有利な資格となります。現在は一番有名な検定試験とも言えますね。抜群の知名度で就職及び転職の際、アピール材料となります。

MCAS試験の特徴

MCAS試験は試験はWord、Excel、PowerPoint、Access、Outlook、Windows Vistaの6科目があります。選択問題ではなく実際にWordやExcelを操作するようにパソコンを操作する試験です。タイピング試験がないので、タイピングに上手ではない方には特に楽です。しかし、正解率は70%以上にしないと合格できません。すごく厳しいですね。詳しいの合格点は何点かとよく分かりません。

MOS試験との違い

最も大きな相違点はスペシャリストレベル(一般)とエキスパートレベ ル(上級)の区別がなくなったことです。試験範囲は拡大になります。問題数は増えましたが、難易度は少しやさしくなった印象でした。

勘違いされている方が多いと思いますが、MCAS試験というのはWordやExcelなど一科目ごと受験します。一科目の受験料は、全6科目一律(税込 12,390)です。なので、もし全部の6科目を受験するとなると74,340が必要です。随分高いですね!

ちなみに、MCASはエムキャスとは読みません。よく私どもパソコン教室のインストラクターもMCASを『エムキャス』と呼んでいます。でも正式にはMCASはそのまま読むそうです。

関連記事


ご担当者様 下記のようにサイトに掲載されておりますが未だ問題集をいただけておりま...
- 寺井 敬, 埼玉県
190-802を受験しました。 90%以上の的中率でした。 素晴らしい問題集です。...
- 中村 和夫, 東京都
的中率が高くて良い問題集でした。...
- Masayoshi Miwa, Musashino-shi,Tokyo
模擬問題の的中率は、8〜9割程度でしたが、無事合格できました。ありがとうございます...
- 木幡美子, 東京都