ホーム > PMPの受験資格や勉強方法、受験方法をご紹介します。
PMPの受験資格や勉強方法、受験方法をご紹介します。

当サイトでは、PMPの受験資格や勉強方法、受験方法をご紹介します。

PMPを受験するには実務経験など一定の条件が必要です。その条件は以下の二つです。

1. プロジェクトマネジメントを指揮・監督する経験が要求されあす。試験申し込みの時に、その経験を証明できる書類を準備しなければなりません。

2. 35時間の特定プロジェクトマネジメント学習を受講する必要があります。 一と同じように、試験申し込みの時に、受講証明を提出しなければなりません。ところが、対策本を買って自宅での自主勉強は承認されません。正式な学校、教育機関で受講する必要があります。日常業務で遭遇する多くの課題はプロジェクトと考えることができるので、それらを処理する上で広く役立つものと言えるでしょう。

PMPガイドブックは必ず詳しく読んでください!

PMPでは、プロジェクト基本の知識から、幅広い問題が出題されています。ですから、ガイドブックを熟読しないといけないでしょう。

PMPガイドブックはプロジェクトマネジメントのいろいろな知識を体系化したものです。詳細にその知識をエリアによって九つ部分に分かれます。その他には、プロジェクトマネジメントに関するさまざまな用語の定義も掲載されています。

経験と知識を身に付けたら、いよいよ受験です。受験の流れは以下の通りです。

1. 申し込み手続きについて

PMI本部のサイトで申し込みができます。

オンラインで申し込みを提出した後、受験についてのスケジュールと支払いのお知らせがメールで届きます。

2. 試験予約

試験予約は、アール・プロメトリックのサイトで行ないます。

3. 受験

試験会場に規定される身分証明書、予約完了時に表示されるConfirmation Numberと会場番号の用意をご確認ください。予約した試験開始時間の30分前には会場に到着して受験をご準備ください。
関連記事


この問題集になかった問題は、全問中3問のみでした。相変わらず的中率は 高いと思いま...
- 藤井真彦, 大阪府
模擬問題の的中率は、8〜9割程度でしたが、無事合格できました。ありがとうございます...
- 木幡美子, 東京都
最初は正直怪しいと思っていました。騙されて、お金を無駄にするのかなとも思っていま...
- Kazuki Yamachika, 千葉県市川市
的中率が高くて良い問題集でした。...
- Masayoshi Miwa, Musashino-shi,Tokyo