ホーム > Linux資格認定のLPIC-1とLPIC-2の新試験について
Linux資格認定のLPIC-1とLPIC-2の新試験について

アメリカの現地時間2009年4月1日に、世界最大規模のLinux技術者認定試験を運営する組織「Linux Professional Institute」(LPI) は、LPIC-1とLPIC-2の認定プログラムのNew Version発表を宣言しました。LPIC-1とLPIC-2の新試験は、世界各地に分布するプロメトリックとVUEの試験センターで、まず英語、ドイツ語、日本語で受験できるようになります。続いて、中国語、フランス語、ポルトガル語、スペイン語のLPIC-1新試験は、LPI Master Affiliatesが実施するイベントや指定した受験対策指導機関が実施するPaper Testで受験可能となります。

LPIの社長兼CEOであるJim Lacey氏は、今回の更新について、「今年はLPIは10周年を迎え、これらの試験改訂は私たちがLinux業界に継続的に責任を持つ姿勢を示すものです。改訂作業において、われわれは企業、IT技術者、共同団体と広範囲にわたり積極に意見交換を行い、試験内容の最適化を図りました。更に、Linuxのプロにとって、今後も必要なスキルとなる障害や中断が許されない中枢情報システムを含む技術進化中の分野と、既に確立済みの分野の両方に重点を置きました」と語っていました。

LPIC-1が、世界各地でLinuxの「入門レベル」の基準になっています、パワーユーザー、ヘルパー、サポーター、開発者、システム構築者、ネットワーク管理者などを含む広範囲のIT技術者を採用する時の前提条件として、位置づけされています。

新試験改訂の責任者であるG.Matthew Rice氏は、世界各国から数多くにIT技術者がボランティアとして試験開発のプロセスに参加し、奉仕的な精神で尽力してくれたことに深く感謝しました。「このワールドワイドな協力の輪は、LPIC試験が英語圏以外の受験者たちにも大きな影響をもたらしていることを物語っています」と補足しました。

試験の主な変更点は以下のようにまとめられています。

●新しい出題範囲

1.SQL Data管理

2.Accessibility

3.Localizationと国際化

4.Data暗号化

5.udev Device管理

6.IMAP/POP

●拡張した出題範囲

1.TroubleshootingとSecurity

2.論理ボリューム管理

●LPICレベルの重点項目の改定

1.LPIC-1では引き続きLinuxの操作とLocal Systemの基礎管理に重点を置きました。

2.LPIC-2では、従来のSystemとNetwork管理に引き続き、新たにSecurityとTroubleshootingに重点を置きました。

●参考書籍の著者や受験者たちがより効率的に試験対策するために、テーマの重要度や番号付けなどを改良しました。

●各レベルでの試験内容の重複を極力減らしました。
関連記事


HPのCCI資格取得で利用しました。他にこれといった参考書や問題集も見当たらず、講習...
- 千葉 豊, 東京都
先日、このテキストを利用してFile Maker11の試験に臨んだ所無事合格する事が出来まし...
- 山田 真理, 大阪市中央区高麗橋
お願いします...
- 矢本, 日本
CCAに合格ように...
- 顧天, 川崎市中原区