ホーム > LPIC認定資格と認定証について
LPIC認定資格と認定証について

当サイトでは、LPIC認定資格について簡単に紹介いたします。ぜひともご参考ください。それで、この文章をご覧ください。

LPIC資格テストというのはLinuxデザイナー認定機関(LPI-ジャパン)により行われる資格テストです。

LPIC認定資格は世界にわたって共通している国際的な認定資格です。それで、LPIC資格を取得していましたら、公正なLinuxスキルを身につけていると国際的に承認されます。統計により、今のところでは、150カ国以上の人々はこのテストを受けていることが分かります。

もしテストを通過したら、認定証と認定カードが発行されます。なお、認定者の方はLPIC認定者のロゴを使うことができます。

2009年現在まで、LPIC資格テストを受けた人数は全世界で合計二十万人を超えます。そのうち、六万七千人を超える人はLPIC資格を取得しています。

その資格は、IT資格の中でも、就職と転職に相当役立つ資格の一つであるといっても過言ではありません。それに、資格としての価値は、これから伸びることはありますが、低くなることはまずないはずです。

サーバーはUNIXベースで運営されることが多いです。それで、SEや、プログラマー及びネットワークデザイナーだけでなく、ウェブ制作会社などでもその資格を取得していれば、かなり役立ちます。

LPICのテストは大きく分けて以下の四つがあります。

1)LPIC レベル1(一般1(101)テストと 一般2(102)テストがあります)

2)LPIC レベル2(Linux応用マネージメント(201)テストとLinuxネットワークマネージメント(202)テストがあります )

3)LIPC レベル3(Core)

4)LIPC レベル3(Specialty)

LPIC レベル1及びレベル2はそれぞれ二科目を受験する必要があります。それに、二科目両方も通過したのは資格として認定される条件とされます。レベル3(Specialty)を受験するには、まずレベル3(Core)科目を通過する必要があります。

いきなりレベル2から受験するとか、レベル1科目を通過した後、直接にレベル3科目試験を受けるなどということは許されません。

必ずレベル1→レベル2→レベル3(Core)→レベル3(specialty)、という順番で、試験を受けなければなりません。でも、認定を受けれないといっても、いきなり上位の試験(レベル3とか)を受けて合格できることもあります。

しかし、いきなり上位資格の試験を通過しても、下位資格の認定書がなければ、上位資格の認定書は発行されません。

2009年春から、LPICレベル1とレベル2のVersionが1.1から3.0に移行する予定です。

関連記事


的中率が高く、良い問題集でした。おかげで合格できました。...
- mamoru uchiyama, KANAGAWA
Oracle10GGoldまで合格し、次のRAC Expert合格を目指しています。...
- 山口恵梨子, 習志野市
お世話になっております。先日 70-291 を受験し、一発で合格をしました。最初は「本当...
- 吉田XX, 神户
VCP510の受験に使用。 素晴らしい的中率でした。...
- 寺井 敬, 埼玉県戸田市