ホーム > ITIL認定資格と認定証明書について
ITIL認定資格と認定証明書について

ITIL認定資格についてご存知ですか?本文はこれに関するまとめです。

一、ITIL認定資格について紹介いたします。

ITIL認定資格は三つのタイプがあります。次ぎは、それぞれ簡単に紹介いたします。

1.ファンデーション認定について

ファンデーション認定は一番易しい資格です。R-PROMETRICにおいては、テストだけをダイレクトに受験することもできます。そのほかに、テストについてのトレーニングを受けた後、試験を受けることもできます。この認定は、日本語でも試験を受けることができます。

2.プラクティショナー認定について

プラクティショナー認定は上記の一つの機能と十一のプロセスの専門的な資格です。でも、現在では、この認定は行われていません。

3.マネージャ認定について

マネージャ認定はもっとも上位の資格であります。テストだけを受けることはできません。テストを受ける前に、トレーニングを受講しておかなければなりません。日本語によるテストがもう行われ始めました。

上記の三つのタイプは、それぞれの認定資格の位置付けがあります。次ぎは、それぞれの難易度や対象範囲などから、考えましょう。

1)ファンデーション認定は、ITIL認定を取り入れた組織における各プロセスの実行者に不可欠のITILの基礎知識を認定するものです。

2)プラクティショナー認定は、各プロセスのマネージャに不可欠の知識を認定するものです。

3)マネージャ認定は、組織におけるITSM推進の責任者に不可欠の知識などを認定するものです。

上記の内容はただ私個人だけの意見です。ご参考ください。

ちなみに、ITIL認定を取得した後、ITIL証明書は届いてきます。

二、ITIL認定って何のものですか?

ITIL認定は、ITサービスマネージメントの手法の一種であります。ITIL認定は、イギリス商務省により作りされたものです。ITサービスマネジメントのベストプラクティスと称されています。

ITIL認定の名前通り、次ぎの七冊の書籍から構成されています。

1)Service Support(サービスサポート。青本と通称します。日本語化されています。)

2)Service Delivery(サービスデリバリ。赤本と通称します。日本語化されています。)

3)The Business Perspective(ビジネスの見通し)

4)ICT Infrastracture Manegement(ICTインフラストラクチャマネージメント)

5)Application Management(アプリケーションマネージメント)

6)Planning to Implement Service Management(サービスマネジメントの導入計画立案。日本語化されています。)

7)Security Management(セキュリティマネージメント)

以上です。ご参考ください。
関連記事


おかげさまで無事に合格しました。 Oracle 1Z0-536 Oracle Exadata 11g Essentialsを...
- reiko cho, 千葉県
合格したいです...
- 安楽英二, 日本
この問題集の問題を丸暗記したところ、全く同じ問題が7割以上出ました。おかげで合格...
- 高橋航, Japan
CCAに合格ように...
- 顧天, 川崎市中原区