ホーム > SCSA などの資格の有効期限などについて
SCSA などの資格の有効期限などについて

各資格の詳細について紹介いたします。ご参考になれば幸いです。

1、SISSP資格

CISSP資格の認定は(ISC)^2により行われます。この試験を受けるには、特に受験資格があります。この試験はほとんど毎月行われます。受験費用は68250円かかります。

試験内容:

これは、(ISC)2SMに認定されて、世界にわたって承認されている情報セキュリティ・プロフェッショナル認証資格です。

2、ITIL FOUNDATION資格

ITIL FOUNDATION 資格の認定はEXINにより行われます。この資格は特に受験資格がなく、誰でも受験できます。試験はテストセンター方式を採取しています。受験費用は18900円です。

試験内容:

ITIL資格はコンピュータオペレーションの資格です。

FOUNDATION の場合は、コースの期間は一般に、二三日ぐらいです。

コースを受けなければ、試験を受けることもできません。

ちなみに、ファウンデーションのコースにおいては、コースと受験の費用は合計二十万円ぐらいかかります。

3、LPIC資格

LPIC資格はエルピーアイジャパンにより認定されます。この資格は特に受験資格が存在していません。資格の有効期限は五年間とされます。テストはテストセンター方式を採取します。受験費用は15750円から31500円ぐらいかかります。

試験内容:

LPICは世界でも共通している国際的な認定制度です。

公正なLinuxスキルの判断基準として世界にわたって承認されています。

世界共通基準を基づいて認定されています。150カ国以上の人々はその資格試験を受けました。

LPICレベル1、レベル2とレベル3の三つがあります。

4、SCSA資格

SCSA資格はSun Microsystemにより認定されます。試験はテストセンター方式を採用して、特に受験資格はありません。バージョンが終わると、資格の有効期限は切れるとされます。受験費用は31500円かかります。

試験内容:

この資格はSun Micro systems社により認定され、同社製OS「Solaris」を取り扱うデザイナーの認定資格です。基本的な設定や操作から、プリント、セキュリティまで、いろんな知識と能力を持っていることが認定されます。テストはパートI及びパートIIに分かれています。この資格を取得するには、パートとパートの二つも通過しなければなりません。

バージョンが異なると、試験内容も全然異なっています。それで、一方に合格したのは、他方の合格に役立つといったことはありません。ちなみに、SCNA資格試験を受けるには、まずSCSA資格を取得しなければなりません。

関連記事


HPのCCI資格取得で利用しました。他にこれといった参考書や問題集も見当たらず、講習...
- 千葉 豊, 東京都
I passed E20-390 with your product, so I request you provide E20-885 product for...
- Taga, Tokyo
的中率が高く、良い問題集でした。おかげで合格できました。...
- mamoru uchiyama, KANAGAWA
My friend passed the I10-001 thanks to Elite certify.Thank you very much!...
- yoshi, Japan