ホーム > CISSP試験の合格率について
CISSP試験の合格率について

CISSP試験の合格率について、(ISC)2のサイトには「公開していません」とはっきり言っておられます。ただし、CISSP試験の難易度は常に一定のレベルに維持されており、その肝心の合格率も安定していることが事実だったようです。

個人的に、CISSP試験の合格率は悪くても7割り前後ではないかと睨んでいます。その理由は以下の3つが挙げられます。

1.自費にしろ、社用族にしろ、CISSPの受験料が高いです。受験者はそれなりの準備を整えて試験に臨んだはずです。

2.受験資格の前提条件として、「4年の業務経験が必要です」とありました。受験者はそこそこのレベルに達しており、初心者や素人が紛れ込む隙がありません。

3.(ISC)2が盛んにセミナーを開催しています。受けた人の合格率はそれなりに高くないと、高額な受講料を出してセミナーに参加する人が居なくなります。

以上は全部個人的な分析と推測によるものです。だって68,000円の受験料を何度も払えますか?答えは否です。ネットで「CISSP 合格率」を検索しても有力な情報が見当たらないので、ここに加筆しました。ご参考まで。
関連記事


先日、このテキストを利用してFile Maker11の試験に臨んだ所無事合格する事が出来まし...
- 山田 真理, 大阪市中央区高麗橋
お願いします...
- 矢本, 日本
HPのCCI資格取得で利用しました。他にこれといった参考書や問題集も見当たらず、講習...
- 千葉 豊, 東京都
642-902に合格しました。...
- 木戸 啓太, 東京都品川区