ホーム > LPICやその他の資格の難易度について
LPICやその他の資格の難易度について

質問:

下記のIT資格の中で、一番難易度が低いものはどれですか?

1.LPI認定 LPIC Level1

2.Sun認定資格プログラマJava2 Platform SJC-P(またはSJC-A)

3.Oracel Master Sliver

ちなみに、私はコンピューター言語の知識はゼロです。完全な素人だと考えてください。どれも難しいのは覚悟の上ですが、 この3点は受検費用、試験頻度、合格率、難易度などを総合して、どれが一番取りやすいのかを教えて頂きたいのです。よろしければ、その難易度順や理由、推薦できる参考書もお願い致します。

回答:

私は、OracelのBronzeとSJC-Pを取得しました。今はOracelのSliverとLPIC Level1を目指しています。OracelのSliver今月の26日に受験する予定なので、まだ発言権が持っていませんが、個人的な感触として、難易度順は難しいものから易しいものまで、下記のようになります。

1.OracelのSliver

2.SJC-P

3.LPICのLevel1

理由はOracelのSliverは一番時間が掛かるからです。Sliverを取得する前提条件として、まずBronzeを取得しなければなりません。私はBronzeに2ヶ月かかりました。スクールに通い、朝の10時から夜の8時くらいまでずっと勉強していました。同じスクールの生徒たちも大体同じ状況でした。BronzeにはSQLとDBAの2種類があります。両方合格しないと認定されません。平均的に片方が1ヶ月くらい掛かります。参考書だけで独学すると、もっと時間が掛かるでしょう。

次にSJC-PとSJC-Aです。この2つは共にJavaの資格ですが、内容は若干異なります。SJC-PはJava言語の文法がメインですが、SJC-Aはより広く、浅く、Javaに関する全体知識が問われます。もし、Javaのプログラマーを目指しているなら、まずSJC-Pの取得はお勧めです。

ちょっと前まで、Oracel、JavaとLinux(LPIC)の3本が揃えば、「トリプルクラウン」と呼ばれていました。今は、それほど重宝されなくなりましたが、どれも実用性の高い資格であることに間違いません。

私は独学でこの3つを取得する自信がぜんぜんないので、ずっとスクールを利用してきました。もし独学でその3つの資格を取ろうとすれば、最低1年を見積もったほうがいいと思います。中でも、SJC-Pで挫折した人が一番多いといわれています。

それと資格の受験頻度には回数制限があります。SJC-Pは年に4回まで、OracelのSliverは年に3回までとされています。LPICは忘れましたが、質問者は自分で調べてみてください。
関連記事


70-410を受験し楽々合格しました。 ほぼ同じ問題がでました。日本語訳の精度が高いと...
- takahashi masashi, 愛知県
646-363を受験しました。問題集の出題率は、なんと100%!正直驚いてます。お陰様で自...
- 濱村 進吾, 東京都渋谷区
的中率が高く、良い問題集でした。おかげで合格できました。...
- mamoru uchiyama, KANAGAWA
最初は半信半疑でしたが、この問題集を覚えた結果、ほぼ同一の問題で、合格できました...
- 高橋航, Japan