ホーム > 「LPICレベル3」にSecurity専門試験を追加しました
「LPICレベル3」にSecurity専門試験を追加しました

特定非営利活動法人(NPO)LPI-Japanは2009年2月23日に、Linux技術者認定試験の最上位レベル「LPICレベル3試験」に、「LPIC-3 Specialty LPI-303 Security」という専門試験を追加したと発表しました。受験費用は21,000円です。同試験に関する情報は2月28日から配布をスタートしました。

LPICレベル3試験は、企業専門職のレベルで業務をこなせる技術者育成を目的に、各分野の高度な技術力を有することを認定する試験です。「LPI-303 Security」は、Securityの最先端技術を取り入れた専門試験で、受験には「LPIC-3 Core」の合格が必須条件となっています。

LPICレベル3の専門試験では、今までに「302 Mixed Environment Exam」というのが実施されていますが、「LPI-303 Security」はそれに続き打ち出されました。日本市場の人材需要に応じて開発したもので、日本OSS推進フォーラムのセキュリティTFから全面的な協力を得ました。

出題範囲は「暗号化の技術(OpenSSL、GPG、File Systemの暗号化など含む)」、「Accesse Control(SELinuxなどを含む)」、「Application Security(Apache、Mail service、OpenSSH、MySQL、Syslog、FTPなどを含む)」、「System Security」、「運用面の強化」、「Network Security」などが網羅されています。

試験形式は、試験会場にあるパソコンを使い、Onlineで約50〜60問の問題を解答します。殆どがマウスによる選択問題ですが、一部キーボードを使って入力する問題もあります。試験時間は90分です。正式に申し込みされたあと、全国各地のプロメトリックおよびピアソンVUEの試験センターで受験することができます。

LPICレベル3試験に関する情報を調べたい場合は、下記のサイトにアクセスして下さい。

●LPI-Japan

http://www.lpi.or.jp/lpic3/

●プロメトリック

http://www.prometric-jp.com/

●ピアソンVUE

http://www.pearsonvue.com/japan/
関連記事


I could pass the test of E20-001....
- ats, Kita city
1Z0-055J.pdfを購入して、おかげさまで無事に合格しました。 Oracle 1Z0-536 Oracle ...
- reiko cho, 千葉県 浦安市
I passed E20-390 with your product, so I request you provide E20-885 product for...
- Taga, Tokyo
HPのCCI資格取得で利用しました。他にこれといった参考書や問題集も見当たらず、講習...
- 千葉 豊, 東京都