ホーム > このIT エキスパートコースを受けることで簡単に資格を取ろう
このIT エキスパートコースを受けることで簡単に資格を取ろう

ITはビジネス業界の必須とする技術として多くの人に認識されています。ITをどのようにビジネス活動で活用できるかについても様々な検討があります。総務省はこれからの3年間に渡って、ICT(情報通信技術の省略となります)への投資を計画的に増加し、30万〜40万人の雇用創出などを目指す「デジタル日本創生プロジェクト」を最近の発表会で分かってきました。これは、日本の産業界においてITスキルのレベルアップをしていく必要性が認識されている上で決められたのです。

本コースでは「ITエキスパートになるための基礎知識」と「英語力」を全部で1年間学習します。「ITは基礎に置いて、英語はクラス別に教えます」というのは本コースの基本的な方針となって、学生一人一人のレベルアップを目指して様々な授業を行っています。既に把握した知識のうえ、「ITの国家資格=ITパスポート試験」そして「TOEIC(R)スコアアップ」を追加しますので、雇用不安の現在、就職先の選択肢を昔より大幅に増加することができるようになりました。

今はPCなしではどのような仕事をすることもできない時代となりました。「コンピュータは大好きですが、英語がなかなかうまく話せなくて、たいへん困っています」という方に対して、一人一人のレベルに合わせて、しっかりとした語学教育を行って、先ず基礎知識を身につけていきます。また、「英語は好きですがITは苦手です」という方もたくさんいるようです。ITスキルを身につけることを目的にして、個人レベルに合うコースを行います。ITスキルを証明する国家試験である「ITパスポート試験」の合格を目指します。

本コースの目標資格の一つとしては「ITパスポート試験」があります。これは、平成21年により開始した新国家試験の一つです。日本の国をあげてIT人材の育成を図る上での入門資格であって、求職活動を行う上でITスキルの証明になる資格として、受験生の数は段々増えています。

また、政府広報番組内で「日本はIT人材が不足していること」「IT+αのダブルメジャー」が、今後の企業の需要を対応するために放送されるようになります。あるアンケート調査から分かってきましたが、2009年2月末の全業種の有効求人倍率は0.58ですが、情報処理技術者は1.38となります。興味のある方是非受けてみてください。

関連記事


HPのCCI資格取得で利用しました。他にこれといった参考書や問題集も見当たらず、講習...
- 千葉 豊, 東京都
190-801を受験。98%の的中率でした。 問題の選択支の順番まで的中しました。素晴らし...
- 谷口 義男, 東京都台東区
LPICレベル1 - 102 の受験に使用...
- 只木郁子, 草加市
お世話になっております。先日 70-291 を受験し、一発で合格をしました。最初は「本当...
- 吉田XX, 神户