ホーム > CIW試験 について紹介します
CIW試験 について紹介します

CIWというのは、アメリカProsoft Learning社とPROSF TRAINING JAPANで共同経営されているインターネット技術者の技術者認定資格の名称です。資格だけでなく、公式カリキュラムなどのサービスも提供されています。

先ずCIWについて簡単に紹介させていただきます。

CIWというのはインターネット技術者のレベルを特定のベンダー技術ではなく、WindowsとLinux、Internet ExplorerとNetscapeなど業界で統一に使われている標準に従って、技術や知識を対象に教育そして認定を行っています。

またCIWの試験は受験者の母語によって、出題に使う言葉も違います。ただし、出題された全ての質問が同じで、「国際標準」を追求しながら、統一化を求めています。現在世界70カ国以上で実施されて、10万人以上が既にCIW資格を取りました。

日本国内ではプロソフトトレーニングジャパン株式会社が試験の日本語化や日本語公式カリキュラムの提供を行っています。そして2008年9月から産業能率大学にてCIWファンデーション単位認定講座が開かれています。毎年多くの受験生は無事にこの資格試験に合格するため、このコースを受けています。

次はCIWの受験方法について紹介させていただきます。

試験はコンピュータベース(CBT)で提供されいて、随時指定のテストセンターで受験することができます。今CIWの試験を受験できるのは「プロメトリック」「VUE(バーチャルユニバーシティー・エンタプライズ)」のテストセンターとなっています。
関連記事


お願いします...
- 矢本, 日本
70-410を受験し楽々合格しました。 ほぼ同じ問題がでました。日本語訳の精度が高いと...
- takahashi masashi, 愛知県
この問題集になかった問題は、全問中3問のみでした。相変わらず的中率は 高いと思いま...
- 藤井真彦, 大阪府
模擬問題の的中率は、8〜9割程度でしたが、無事合格できました。ありがとうございます...
- 木幡美子, 東京都