ホーム > 「徹底攻略 MCDST 問題集赤本 [70-272]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)」
「徹底攻略 MCDST 問題集赤本 [70-272]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)」

「徹底攻略 MCDST 問題集 [70-272]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)」についての評価と口ごみをまとめて見ました。次の通りです。

1、この参考書により、やっとMCDSTに合格できました!

赤本、青本と黒本の三冊をよく学習した後、「70-271」試験と「70-272」試験を受けて無事に合格しました。それで、やっとMCDST資格を取得しました。

真実の出題とまったく同じような問題はあまりなかったといっても、問題に関する解説が詳細にまとめられているので、どれか1冊だけ選択するかといえば、この黒本を強くお勧めします。

黒本と実機を一緒に使うと、合格することができると思います!

2、「70-271」試験にもパスしてMCDSTになりました。

MCAの黒本とは違って、MCPの黒本は「問題集の問題が真実のテストでもそのまま出題される」ようなことはありません。そのため、MCAからステップアップを考えている方はそのところを気をつけてください。でも、たとえ真実のテストであっても、こちらの黒本をしっかりと把握して基礎を押さえたら、無事に合格することができます。私は赤本を一緒に使うという勉強方法を強くお推薦します。

3、解説がとても詳細です。ところが、この一冊だけではあまり不十分だと思います。

問題の数が多く、解説がとても詳しいことはこの本のメリットです。ただ、初心者にとっては、これ1冊だけにより、ちょっと合格しにくいと思います。それで、教科書(赤本)、スキルチェック問題集(青本)といっしょに学ぶことを強くお薦めします。

私自身、このテストに一回で合格したのは、三冊の参考書を一緒に使ったからであります。黒本1冊だけを使って、もう一科目の「70-271」に合格できません。それで、急いで赤本と青本を追加して学習しました。それで、やっと無事に二科目にも合格することができました。

真実のテストは、この問題集よりちょっと難しいです。それで、問題集レベルの難易度なら、最低でも80パーセント以上の正答率を取れるくらいに繰り返し学習した後、試験を受けに行くことを強くお勧めします。

4、よくできた問題集ですが、本番対応としてはどうか分かりません。

確かに黒本の内容をしっかり理解して暗記すれば、真実の問題はとても簡単だと思います。

関連記事


190-801を受験。98%の的中率でした。 問題の選択支の順番まで的中しました。素晴らし...
- 谷口 義男, 東京都台東区
I passed E20-390 with your product, so I request you provide E20-885 product for...
- Taga, Tokyo
的中率が高くて良い問題集でした。...
- Masayoshi Miwa, Musashino-shi,Tokyo
日本語訳が今一ですが、ほとんど的中しています。読み込めば役に立ちます。...
- nikaidou makoto, OKAYAMA