ホーム > Java認定試験SJCP(310-035)の試験概要と試験日
Java認定試験SJCP(310-035)の試験概要と試験日

Sun認定Javaプログラマ(SJCP)の試験概要について説明します。

●試験時間:120分

●合格ライン:正解率52%以上(61問の中で32問以上を正解すれば合格します)

●難易度:★★(平均学習時間は10時間程度で合格可能です)

●特徴

学歴不問、前提資格なしで誰でも受けられます。パソコンで受験して、その場で結果が分かります。

●出題範囲

1.クラス定義とアクセスコントロール

2.フローコントロール、アサーション及び例外処理

3.ガーベジコレクション

4.Java言語の基礎知識

5.演算子とデータのメモリ割り当て

6.オーバーロード、オーバーライド、実行時のデータ型、及びオブジェクト指向

7.スレッド

8.Java.langパッケージの基本クラス

9.The Collections Framework

●受験方法と受験までの流れ

1.受験チケットを購入する

Sun Certified Programmer for the Java 2 Platform 1.4(試験番号 310-035)の試験料金は24,000円(税込25,200円)です。

SUNの公式サイトで販売されていますが、実は楽天でも購入可能です。価格はむしろ楽天のほうが安くてお得です!こちら「http://item.rakuten.co.jp/it-test/137324#137324」のリンクから入って、税込み価格24,003円で入手できます。約1200円も安くなっていて、しかも送料は無料です。

2.試験日を決めて申し込む

受験チケットを購入したら、アール・プロメトリック社のサイトでオンライン申し込みを行います。試験日は3営業日前から予約可能になっています。つまり、最短今日申し込んで、3日後に受験できるということです。尚、Java認定試験の予約にはプロメトリックIDが必要です。それをまだ取得していない方は、まずプロメトリックIDを取得して下さい。
関連記事


VCP510の受験に使用。 素晴らしい的中率でした。...
- 寺井 敬, 埼玉県戸田市
good tool to study....
- Motoo Sakai, Japan
My friend passed the I10-001 thanks to Elite certify.Thank you very much!...
- yoshi, Japan
70-410を受験し楽々合格しました。 ほぼ同じ問題がでました。日本語訳の精度が高いと...
- takahashi masashi, 愛知県