ホーム > IT転職で必要な資格について
IT転職で必要な資格について

IT転職で必要な資格について

IT分野において、就転職を考えている人は、特に資格のことに関心を持っているでしょう。「資格がないと就職は無理かな?」と思っている人も数多くいるかもしれませんが、実は資格があるから転職ができると言う考え方は間違いです。

医師や弁護士のように、国家資格がないとなれないわけではありませんので、スキルや能力を持っていれば、資格無くてもプログラマーやシステムエンジニアになることができます。

とは言っても、成功な就転職に必要なのは即戦力になる実力です。しかし、就転職シーンにおいてはその実力も志望先企業の人事に認めてもらえなければ意味がありません。ですから、自分の実力やスキルを客観的に表すことができる「IT系資格」が有力な武器となります。

例えば、日本の国家試験である「情報処理技術者試験」があります。合格者には報奨金制度を設ける企業や、就職の際に試験合格を考慮する企業など、多くの企業から高い評価を受けています。

なお、「ORACLE MASTER」や「Sun Java」、「MCP」のような民間試験もあります。これらの資格も世界共通の資格として、製品に関する能力やスキルを判断する基準となります。

会社側の立場としては、短時間で求職者のスキルレベルを判別することは、とても難しいものです。ですから、自分のレベルを証明できる資格を持っていることが有利です。実務経験があり、その上に資格をとっているという事は、経験をさらに補強する事になり、採用する企業側の評価も高くなります。

一方、企業側は、あくまでも仕事の実績を先に評価します。スキルのレベル高い場合は、資格がなくても全然問題ありません。資格取得者に報奨金制度を設ける企業が多いですが、試験の難易度によって資格手当ては大分違います。もちろん、合格した場合のみ、費用を払ってくれることもあります。会社によって方針が違いますので、チェックしておいたほうがよいと思います。

多くの社員が取得していることが会社全体の技術力の向上にも繋がります。特に、他社へプログラマーやシステムエンジニアなどのエンジニアを派遣している会社では、資格を持っている社員が求められます。

つまり、資格は無くても大丈夫だけれど、取得していると、就職や転職に有利なことがあるということです。でも実務経験のない資格は、あまり転職には役に立たないと考えた方が良いでしょう。

関連記事


My friend passed the I10-001 thanks to Elite certify.Thank you very much!...
- yoshi, Japan
CCAに合格ように...
- 顧天, 川崎市中原区
おかげさまで合格できました。...
- 岡田 祐二, 名古屋市
この問題集の問題を丸暗記したところ、全く同じ問題が7割以上出ました。おかげで合格...
- 高橋航, Japan