ホーム > PMPの前提条件について
PMPの前提条件について

1、組織の方針

プロジェクトと関わる組織には、人事管理や財務管理などの運営方針があります。計画などを立てるために、必ず組織の方針などをよく考えたほうがいいと思います。

2、制約条件

制約条件とはプロジェクトの選択項目を制限する条件です。つまり、計画などを実行する前、時間、予算、品質などに関わるものを一旦決めた後、勝手に変更することはできません。

3、前提条件

PMPの前提条件とは計画を立てるとき、確実であると考えられる条件です。それはある程度の危険性を持つのは普通です。そして、すべてのことを文書化することはいわば前提条件の特徴といえるでしょう。

4、計画を立てる方法

プロジェクトの計画を作る時、使用している体系的な計画技法のことです。これらの方法には、プロジェクト・マネジメント・ソフトウェアなどのハードツールと、プロジェクト会議などのソフトツールがあります。

5、プロジェクトマネジメントの情報システム

プロジェクトと関わる全部の情報を分析する情報システムです。プロジェクトの立てから終わりまで、プロジェクトの成績を測り、発表するための技法です。手動的と自動的なシステムもあります。

6、プロジェクトの計画書

プロジェクト・マネジメントの方法を記録した文書です。詳しく説明すれば、マイルストーン、WBS、スコープ記述書、前提条件、制約条件、危険性なども含まれています。そして、集団が活動する技術的環境も記録しています。プロジェクト計画書とスケジュールは、コミュニケーション・マネジメント計画書に従い適切なステークホルダーに配布します。
関連記事


時間の問題により研修受講が困難でしたが、この問題集のおかげで効率的に学習すること...
- 石本 祐一, 横浜市青葉区
この問題集になかった問題は、全問中3問のみでした。相変わらず的中率は 高いと思いま...
- 藤井真彦, 大阪府
From: 東京都 HPのCCI資格取得で利用しました。他にこれといった参考書や問題集も見...
- yutaka chiba, japan
合格したいです...
- 安楽英二, 日本