ホーム > ITパスポート試験についての解説
ITパスポート試験についての解説

迅速に発展する現代社会では、ITが我々の生活の隅々まで浸透しています。ITをフルに活用することによって、我々の仕事や暮らしに計り知れない便利さをもたらしてくれました。ITはこれからもきっとさまざまな業務需要に応じて、情報社会の不可欠の一環として目覚しい発展を遂げることでしょう。

こんな情勢の中で、国民一人ひとりが仕事や暮らしに携わっている上、IT技術に関する正しい知識を身に付け、使いこなす術を的確に把握してからこそ、その効力が最大限に発揮され、望ましいIT社会の実現に向かうと期待されます。

これからの社会において、国民全員は「読む、書く、計算力、英語力」という基本素養が求められるほか、「IT力」も身に付けなくてはなりません!

ここで、ひとりの職業人として、求められるIT力とは、単なる「PCの操作ができる」、「PCを使ってデータの処理ができる」みたいなレベルに留まらないことが目に見えています。

具体的に言えば、

■IT技術を正確に理解し、業務に適切に活用し、付加価値を生み出します。

■業務現場の課題を把握、分析し、そしてどのようにIT技術を活用すれば効率よく解決できますかを提案、実行できます。

■IT技術を安全に活用する知識や、企業のコンプライアンス向上に必要の知識を備えています。

など一層高まった視点から、ITの基礎知識を習得することが求められます。

こういう時代背景の下で、独立行政法人「情報処理推進機構(IPA)」では、職業人が共通に備えておきたい、ITに関する基礎知識を測定する「ITパスポート試験」を2009年4月から発足しました。日本のIT応用力向上と高度なIT人材を育成するために、「ITパスポート試験」の主旨は、これから就職を目指している学生さんや入社間もない若年層の新人社員を始め、国民全員という極めて広範囲からの挑戦を待ち望んでいるものです。
関連記事


おかげさまで合格できました。...
- 岡田 祐二, 名古屋市
190-801を受験。98%の的中率でした。 問題の選択支の順番まで的中しました。素晴らし...
- 谷口 義男, 東京都台東区
1Z0-055J.pdfを購入して、おかげさまで無事に合格しました。 Oracle 1Z0-536 Oracle ...
- reiko cho, 千葉県 浦安市
最初は半信半疑でしたが、この問題集を覚えた結果、ほぼ同一の問題で、合格できました...
- 高橋航, Japan