ホーム > CompTIA問題集について紹介いたします
CompTIA問題集について紹介いたします

ここでは、CompTIA資格、出題範囲・内容、及びその問題集について紹介いたします。

1、まず、CompTIA Convergence+資格の出題範囲とコンテンツについて

現社会では、競争が激しくなりつづけます。それにつれて、CompTIA Convergence+資格を手に入れることを目標にとする人も多くなるようです。CompTIA Convergence+資格を取得するのは、IT技術者にとって、もっとも重要です。CompTIA Convergence+資格を入手した時に、受験者は自分の技術力をチェックできるので、嬉しいです。

CompTIAオフィシャルホームページには、CompTIA Convergence+資格を入手した方、テレフォニー業務において、相当の実務能力を持つと掲載しています。そのため、他の会社に提供されているベンダーおよびベンダー資格において、この資格は評価対象として活かされています。場合によっては、資格を取得する時の前提条件や条件免除などの優遇を受けられます。

CompTIA Convergence+ 試験の出題範囲

CompTIA Convergence+試験の出題はnetworkの基本的な要求分析と実行、それに音声やマルチメディアなどのデータコンポーネントのコンバージェンスアapplication の特定や実行、マネージ及びtruble shooting に関する知識と技術をチェックするのを主な目的にします。

2、次は、testpassport問題集について

testpasspor問題集は専門的にIT技術者を対象にします。testpassportの商品は安価なわりに、品質がすばらしいです。それで、IT業皆さまの一番いい選びであると言っても過言ではありません。

testpassportのCT0-101(CompTIA Convergence+ (2009年版))参考書は二種類のバージャンを取り扱っています。それぞれはPDFバージャンとソフトバージャンです。PDFバージャンはプリントすることが簡単にできます。そして複数のコンピューターで使用することができます。testpassportのCT0-101認定試験問題集は合計496問を含めます。

弊社の全部の問題集はIT専門家たちに編集されたものです。それに正確な解説を提供しております。testpassport模擬問題集はExhibits、Drag&Drop及びSimulationなどというタイプを全部含有しています。しかも簡単に理解します。何の基礎もない方であっても、独自でただ10時間から20時間ぐらい学習すれば、試験にパスできます。

弊社はいつでも認定試験に関するニュースに特に注目しています。TestpassportのCT0-101過去の問題は認定試験の移り変わりにしたがって、きちんと更新されています。弊社はお客さまのために、いつでも一番新しい問題集を提供しております。そして、TestpassportのCT0-101練習問題は一年間のうちに、お金が要らないでアップデートされています。

関連記事


最初は正直怪しいと思っていました。騙されて、お金を無駄にするのかなとも思っていま...
- Kazuki Yamachika, 千葉県市川市
9割以上、購入した問題から出題されました。本当に、覚えるだけで合格することができ...
- Kohei Okamoto, Tokyo
Oracle10GGoldまで合格し、次のRAC Expert合格を目指しています。...
- 山口恵梨子, 習志野市
おかげさまで合格できました。...
- 岡田 祐二, 名古屋市