ホーム > Linux技術者の資格、LPICとは?
Linux技術者の資格、LPICとは?

IT資格の中に最近話題になるのはLPICです。「LPICって一体どんな資格でしょうか」、「何に役立ちますか」など、皆さんから打ち出した質問をお答えいたします。

質問1):LPICとはどんな資格でしょうか?

LPIC(「エルピック」と読みます)というのは、平たく言えば「LinuxというOSについて、どれだけ知っていますか」ということを試す試験です。

質問2):そもそもLinuxとは何でしょうか?

パソコンを持っている方でWindowsを知らない方はいないでしょう。 Windowsというのは、OS(Operating Systemの省略となります)といって、簡単にいえばパソコンとソフトの仲介役です。

質問3):就職そして転職に役に立ちますか?

はい、大変役立ちます。そもそもLinuxというのは、主にサーバーという「大きなコンピュータ」を制御するOSであるということを、この前の章「そもそもLinuxって何?」で詳しく説明しました。 資格を取れれば、貴方の就職・転職が間違いなくうまくいけるでしょう。

質問4):試験はどうしたら受けられますか?

先ず「LPI−Japan」の公式サイトに登録し、「LPIID」を取ってください。入力フォームに貴方の住所や氏名、電話番号そしてメールアドレスなどの関連情報を入力し、送信すると登録処理が行われて、IDが申請者宛に発行します。

質問5):LPIC試験は他より難しいでしょうか?

出題傾向からみれば、毎年難しくなってきているようです。 程度の差はいうまでもなく存在していますが、LPICレベル1〜3のどれもが、基本的にはLinuxの実務経験者を想定して作られたものということもあって、受験生のフィードバックによりますと、決して簡単とは言えないようです。

上述の質問を見て、LPICについて貴方はきっとよく分かったでしょう。貴方もうまく合格できますよう、心から祈ります。

関連記事


190-801を受験。98%の的中率でした。 問題の選択支の順番まで的中しました。素晴らし...
- 谷口 義男, 東京都台東区
おかげさまで無事に合格しました。 Oracle 1Z0-536 Oracle Exadata 11g Essentialsを...
- reiko cho, 千葉県
無事合格できました。購入してよかったです。他の試験でも活用したいと思います。...
- Mi naka, Kanagawa
この問題集になかった問題は、全問中3問のみでした。相変わらず的中率は 高いと思いま...
- 藤井真彦, 大阪府