ホーム > CCNPとCCNP再試験について紹介いたします
CCNPとCCNP再試験について紹介いたします

CCNPの試験内容と再認定について簡単に紹介いたします。

1、まず、試験内容について

本資格試験は、二種類の試験の組み合わせがあり、受験者が自分で選べます。

試験の二種の組み合わせは次ぎの通りです。

組み合わせ1 :642-801J BSCI、 642-811J BCMSN 、642-821J BCRAN及び642-831J CIT

組み合わせ2 :642-891J COMP、642-821J BCRAN 及び642-831J CIT

CCNPとして認定されるには、上記の組み合わせのどちらかの試験に全部パスしなくてはならない。

試験の概要は次ぎのようです。

試験方法: onlineで 試験を受けます。

試験時間: 大体75〜120分かかります(試験によって違っています)。

合格基準: まだ公表されていません。

合格結果:試験が終わったら、すぐに画面に公開されます。

受験料:試験によって違っています。

受験場所: 全国どこでもいいです。

有効期間: 3年間

各試験の試験時間、出題数、出題される内容について、詳しく紹介いたします。次ぎの通りです。

番号642-801J試験の試験名称は Building Scalable Cisco Internetworks(BSCI)で、試験時間は 75分で、総 55〜65問 があります。

番号642-811J試験の試験名称は Building Cisco Multilayer Switched Network(BCMSN)で、試験時間は 75分で、総60〜70問があります。

番号642-821J試験の試験名称は Building Cisco Remote Access Networks v2.0(BCRAN)で、試験時間は 75分で、問題数はまだ公表されません。

番号642-831J試験の試験名称は Cisco Internetwork Troubleshooting Support v5.0(CIT)で、試験時間は 75分で、総 65〜75問があります。

番号642-891J試験の試験名称は Composite(COMP)で、試験時間は 120分で、総 85〜95問があります。

次ぎは各試験の出題内容を紹介いたします。

BSCI(642-801J)試験の主要な出題内容は、拡張IPアドレッシング、rootingの原理、EIGRPの設定、Open Shortest Path Firstプロトコルの設定、IS-ISプロトコルの設定、rooting updateの操作と基本的なBGPの設定です。

BCMSN(642-811J)試験の主要な出題内容は、スイッチングテクノロジ、実装と運用、planningと設計とtroubleシューティングです。

BCRAN(642-821J)試験の主要な出題内容は、WAN テクノロジの一般的な知識、実装と運用、planningと設計とtroubleシューティングです。

CIT(642-831J)試験の主要な出題内容は、ベースラインの確立、効果的なトラブルシューティング戦略の決定、物理層およびデータリンク層における問題の解決、network層における問題の解決、トランスポート層とapplication層における問題の解決についての内容です。

COMP(642-891J)試験は、BSCIBC試験とMSN試験の範囲を全て含有している試験です。それで、この試験への合格がCCNP取得への一番短い道です。

2、次ぎは、再認定と再試験について

CCNPの有効期限は三年間です。それで、この資格をもらった後3年が経ったら、もう一度Composite(642-891J)試験を受けて、再認定を行う必要があります。

関連記事


IBM 000-034 を受験しました。 素晴らしい的中率でした、ありがとうございました。...
- 青木恭一郎, 愛知県
ほぼ全問が的中しており、良い問題集でした。...
- 栗原啓一, 東京都豊島区
よい問題集でした。的中率は90%でした!!おかげさまで1週間ほどの勉強で獲得しました...
- 増田健治, さいたま市
お願いします...
- 矢本, 日本