ホーム > LPIC講座徹底比較:マチスのオンライン通信教育
LPIC講座徹底比較:マチスのオンライン通信教育

マチスのonline 通信教育は通信コースよりもっと効果がある本格的な実習ですか?

ここでは、それについて簡単に紹介いたします。

マチスのonline 通信教育は「マチスアカデミー」の通信コースの一種です。「マチスのオンライン通信教育」は、Eラーニングを加わって、通信教育を実行すると共に、サーバー構築実習も実行しています。

「マチス教育システム」の通信コースは、大体「Webool」と「PCライブ」の二種が含まれています。前者はWindows、CAD及ぶウェブ製作などのコースが実行されています。それは、リアルタイムで個別指導が受けられるライブレッスンです。予めに時間を予約して、お家にいても講師にダイレクトに指導されるというコースです。しかし、WeboolはLPICに対応するコースではありません。

LPICであれば、「PCライブ」というもう一つのコースを受けることができます。そのコースは「Webool」と違って、基本的に流れているコースで、つまり「ビデオ映像」です。それで、リアルタイムのやり取りがほとんどできません。

ところが、このコースには、先生がホワイトボードにポイント内容などを書き出して、それがコンピュータの画面に大きく映し出てきて(先生の顔も画面の上の方に小さく映し出てきます)います。まるで教室におけるコースを受けているようです。

もしネット環境あれば、いつでもどこからでもコースを受けることができます。また、良く分からないところがあったら、メールにより問い合わせてください。

「株式会社 マチス教育システム」は、1990年12月6日に創立されました。パソコンスクール「マチスアカデミー」を始めとして、ウェブ製作、法人研修、一般の求職者やマチスアカデミーの修了生を対象とした人材紹介事業などをしている会社です。

自宅にいても、LPIC対策ができる上に、サーバー構築実習も実行できるということはそのコースのメリットです。ウェブサーバーやメールサーバー、FTP、DNSなどのサーバーを構築して行くことによって、Linuxを総合的に身につけるというのが目標です。

でも、その時には、普通の学習用のコンピュータのほかに、もう一台サーバー構築用のコンピュータが要ります。

試験対策だけでなく、このような実習を踏まえて少しでも楽しく勉強できるように、たくさんの工夫が凝らされているすばらしいコースであると思います。

関連記事


受験勉強のために使う。...
- 陳 冠宇, 神奈川県横浜市
My friend passed the I10-001 thanks to Elite certify.Thank you very much!...
- yoshi, Japan
時間の問題により研修受講が困難でしたが、この問題集のおかげで効率的に学習すること...
- 石本 祐一, 横浜市青葉区
IBM 000-034 を受験しました。 素晴らしい的中率でした、ありがとうございました。...
- 青木恭一郎, 愛知県