ホーム > PMPにおける品質管理について
PMPにおける品質管理について

「PMBOK」ガイドは国際資格「PMP(Project Management Professional)」のバイブルとも呼ばれています。

PMBOKにより、PMPにおける品質管理というのは、実際にプロジェクトの要求に応ずるための方法です。品質方針、目標ならびに責任を定め、それらを完成するために、品質計画、品質保証、品質管理、および、品質改善を実施していくことと定義しています。

これからは、PMPにおける品質管理に関してご紹介します。

PMPにおける品質管理というのは、成果がニーズに合致して、使用に適していることと定義されています。品質管理の二つのヒントが、この「成果が要求に合致すること」に隠されています。

第一のヒント:ニーズをしっかり理解して初めて、その要求に合致するものを創造できること

第二のヒント:ニーズと異なるものをいくら作っても、それは品質と関係がないこと

このあたりの話は、実際の場合に応じてもっと掘り下げてご説明します。

また、品質管理について話しましょう。

品質管理はニーズに合致した使用に適している成果を創造することを保証するために、プロジェクトの計画を立て、その進展を監督し、問題が出れば改善していくということです。また品質管理は、成果自体ばかりでなく、プロジェクトにおける多種多様な方法も対象となることです。これは理解しなければならないことです。
関連記事


Just passed the 70-291 Exam 2 hours ago with 920/1000! All questions were simila...
- 原田一郎, 三鷹市
IBM 000-034 を受験しました。 素晴らしい的中率でした、ありがとうございました。...
- 青木恭一郎, 愛知県
受験勉強のために使う。...
- 陳 冠宇, 神奈川県横浜市
おかげさまで合格できました。...
- 岡田 祐二, 名古屋市