ホーム > LPI受験バウチャーチケットについて
LPI受験バウチャーチケットについて

LPIC(Linux技術者認定試験)とは特定非営利活動法人/Linux技術者認定機関「LPI」が実施している全世界共通の統合的かつ最高品質のLinux技術者認定資格ということです。

LPI受験バウチャーチケットを使用する際に、以下の注意事項をご注意ください

第一項:ご利用になること

本受験チケットの番号は、LPI試験の1科目ごとに1回しか使えません。

LPI試験を予約する際、必ず受験バウチャーチケットの番号と有効期限を書いてください。

第二項:有効期限を過ぎないこと

有効期限以内に受験をご完了ください。有効期限を過ぎるとご利用いただけません。

試験を予約することは、有効期限の3営業日前(受験日が土曜日祝日の場合は4営業日前)には完了しなければいけないので前もって気をつけてください。

有効期限を長く延ばすこと、または変更することはできません。

第三項:どんな方法を使用しても、記載内容が変更された場合は、本受験バウチャーチケットの番号は無効となります。 本受験バウチャーチケットの番号を換金し、また払い戻してはいけません。

第四項:認定機関及びプロメトリック株式会社との間に、契約等の取り決めがある場合を別にして、本受験バウチャーチケットの再販売は禁止されています。

第三,四項の注意事項に違反した場合、及び事前に予約を変更、取り消すことなく、当日欠席した場合、本受験バウチャーチケットは無効になります。

認定機関・プロメトリック株式会社及び当店は、本受験バウチャーチケットの番号の紛失、盗難には一切責任を負いません。

関連記事


先日70-290合格しました!1週間勉強したのですが、問題集が届いてからの一週間で取れ...
- 光安仁志, 横滨
この問題集になかった問題は、全問中3問のみでした。相変わらず的中率は 高いと思いま...
- 藤井真彦, 大阪府
642-902に合格しました。...
- 木戸 啓太, 東京都品川区
この問題集の問題を丸暗記したところ、全く同じ問題が7割以上出ました。おかげで合格...
- 高橋航, Japan