ホーム > LPIC試験対策ーLinuxの講座の目的
LPIC試験対策ーLinuxの講座の目的

LPIC試験対策ーLinuxの講座の目的

LPICの話をする前に、まずLinuxのレッスンに関して少しお話しましょう。

そもそもLinuxを勉強したい方は、何のためにLinuxを習得しようと思っているのでしょうか?あるいは、何ができるようになりたいのでしょうか?基本的には下記のような四点にあるでしょう。

.Linuxサーバーが構築できるようになりたい

.Linuxサーバーを操作・運用できるようになりたい

.組み込みLinuxのスキルをマスターしたい

.LPIC資格のテストに合格したい

まあ、のほうがちょっと少ないかもしれませんが、一般的な場合は、Linux エンジニアとしての目的から見れば、が必須になってくるでしょうね。かのスキルを業務レベルで身に付けている方なら、番のLPIC資格取得者になるのもそれほど難しいことではないでしょうし、資格そのものも「客観的なスキルの証明」として立派に意味を持つようになるでしょう。

では、急にを目指したらいけないのでしょうか?

もちろんかの後に取得するのは理想的ですが、中には「技術系の営業担当に任されて、ネットワーク回りやLinuxの知識がどうしても必要になった」というケースも少なくないと思います。あんまりいい言葉ではありませんが、「てっとり早く」欲しい場合ですね。

そんな時でも、学校でLinuxの基礎からしっかりと勉強すれば、しばらくは現役の技術者レベルまで行かないですが、最低限の知識はマスターでき、試験対策も効率よく実施することが可能です。
関連記事


無事合格できました。購入してよかったです。他の試験でも活用したいと思います。...
- Mi naka, Kanagawa
IBM 000-034 を受験しました。 素晴らしい的中率でした、ありがとうございました。...
- 青木恭一郎, 愛知県
642-902に合格しました。...
- 木戸 啓太, 東京都品川区
Oracle10GGoldまで合格し、次のRAC Expert合格を目指しています。...
- 山口恵梨子, 習志野市