ホーム > PMPプロジェクトマネージャについてのまとめ
PMPプロジェクトマネージャについてのまとめ

近年、ITシステムのプロジェクトの設計ミスや運用上の障害などが、深刻な社会的影響を及ぼすことが多くなってきました。上述のような背景において、IT技術教育だけでなく、PM教育も最近からだんだん重要視されるようになってきました。しかし、短時間教育を受けたからといって、すぐにPMとしてうまく運用できるというわけではありません。

最近アメリカのPMI社によって出版されたPMBOKに基づいて行ったPM講習会が最近大変流行っているようです。PMBOKの中では一般的なプロジェクトを推進する上で、共通とする必須作業項目を39個のプロセスとしてはっきり打ち出して、今もうシステム化になっています。それに、PMIではPMBOKの理解度を測定するコンピュータ試験も行っており、合格者にはPMPの証書を渡し、本式的にプロジェクトマネージャとなります。この体系化されたプロジェクトマネジメントの関連知識を身に付けることは、PMにとっては優位となります。プロジェクトマネージャを目指している方々は上述の注意事項を常に心がけて、準備を整ったほうがいいでしょう。

しかしながらPMBOKの実践には、適切なPMISと企業側の心得そしてお互いの協力がどうしても欠かせなくて、また顧客企業側にもそれなりの事前の準備も必要となります。PMBOKは日本にも拡大しつつありますが、「お客様は常に神様です」といったスローガンが蔓延る社会でPMBOKが根付くには、かなり時間が掛かりそうです。

関連記事


I passed E20-390 with your product, so I request you provide E20-885 product for...
- Taga, Tokyo
模擬問題の的中率は、8〜9割程度でしたが、無事合格できました。ありがとうございます...
- 木幡美子, 東京都
I could pass the test of E20-001....
- ats, Kita city
VCP510の受験に使用。 素晴らしい的中率でした。...
- 寺井 敬, 埼玉県戸田市