ホーム > it分野における情報セキュリティ資格
it分野における情報セキュリティ資格

1、it分野における情報セキュリティ資格の定義

情報セキュリティは、系統開発での、セキュリティ分野の技術者です。情報セキュリティアドミニストレータは、エンドユーザーのセキュリティが中心でしたが、テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)は、系統開発の中のセキュリティが大切です。今の世界は様々な情報が溢れています。どんな部門にとって、情報の重要性がいっそう現れます。その一方、情報の漏らすことも多くなっています。ですからどのようにして情報の安全を確保できるかはだんだん注目されています。そのため、情報セキュリティの需要は、急に伸びていきます。2009年、平成二十一年度から情報処理技術者テストが誕生されます。「テクニカルエンジニアつまり情報セキュリティ」は、「情報セキュリティアドミニストレータ」と統合され「情報セキュリティスペシャリスト」になるのです。

2、資格の所属

国家資格に属します。

3、テストの難しさ

テストは、だんだん難しくなります。以下は、テクニカルエンジニア「情報セキュリティ」テストの内容です。テストの内容は、情報処理技術者テストセンターから選択されています。

4、年齢の制限

テストを受ける人の年齢の制限はありません。

5、対象像

情報システム基本「業務系統共有のシステム資源」の固め、使用上では重要な作用を果たすと共に、個別の情報系統開発プロジェクトにおいて、固有技術の技術者として開発、導入を支える方です。具体的に言えば、情報セキュリティを固有技術とする人です。
関連記事


Oracle10GGoldまで合格し、次のRAC Expert合格を目指しています。...
- 山口恵梨子, 習志野市
おかげさまで合格できました。 すごく的中率です。 カスタマーサービスも非常に素晴ら...
- 志成, 東京都豊島区
good tool to study....
- Motoo Sakai, Japan
I passed E20-390 with your product, so I request you provide E20-885 product for...
- Taga, Tokyo