ホーム > ITILの日本語版試験とアールプロメトリックについて
ITILの日本語版試験とアールプロメトリックについて

アールプロメトリック株式会社は、3月30日からITILの日本語版試験についての情報を送り始めると発表しました。

アールプロメトリック会社は、科学的な評価測定事業とコンピュータを利用したテスト事業分野において世界最大の市場シェアを誇る米国プロメトリックと、リクルートグループの出資による合弁企業です。

ITILは、1989年に、イギリス政府の情報システムにおける管理基準として決められました。それはITを有効に活用するために、実際の知識とノウハウを集めてまとめた一番実用的なフレームワークであるとされています。目標に沿ってITプロセスを設計、構築することを通して、低コストで品質の高いプロセスを実現することができます。ですから、ITILは日本でも非常に目立っています。

今までアールプロメトリック会社では、ITIL関連の試験は全部英語で配り送りました。けれども、今回、EXINが認定するITIL試験の日本語での配信が可能となりました。

プログラム名は、「Foundation Certificate in IT Service Management (EXIN)」となります。

受付開始時間:2005年3月25日

 受験開始時間:2005年3月30日

受験料は14,950円(税込15,697円)。

関連記事


最初は半信半疑でしたが、この問題集を覚えた結果、ほぼ同一の問題で、合格できました...
- 高橋航, Japan
この問題集の問題を丸暗記したところ、全く同じ問題が7割以上出ました。おかげで合格...
- 高橋航, Japan
よい問題集提供されて、ありがとうございます。短い期間で合格できるのがうれしいです...
- 大原伸介, 京都府
VCP510の受験に使用。 素晴らしい的中率でした。...
- 寺井 敬, 埼玉県戸田市