ホーム > PMP試験の勉強方法について
PMP試験の勉強方法について

▲PMP試験の勉強方法

もし二度目も落ちてしまうと、ガッカリしてどうしようもなくなりますね。

◎一回で合格出来る人の特徴

そばで見れば、一発合格する人には、

●確実に専門書を読み、実践している

●合格の先の、目標と増益を分かっている

●自分のことを、冷静に観察できている

という特徴があります。

いわゆる、「能力の高い」人が合格しやすいということです。たふぁ短時間では無理というのも事実です。

では、短時間でもできること

●内面診察で、冷静に弱点を発見する

●本を読み、しっかり実践する

◎内面診察

知識エリアごとに、「何を勉強するか」をまとめ直すことです。自分のことばで文章にすれば、知識の欠落を自覚出来るはずです。

ガイドブックを念頭に、知識の欠点やこれからの勉強について作文します。ガイド範囲を注意しながら、行動や決心を自分の言葉でまとめていきましょう。自分で書くと、今までしっくりこない事がたくさん気付くはずです。このプロセスを通して、脳に刺激をもたらし、理解や記憶を向上させていきます。

◎基礎力を養うこと

PMP試験合格のためには、一番重要なのは「基礎力」です。またこのベーシックパワーを身に着けるためには、幅広く読書プラス実例の経験をしてから初めて得られます。四択による勉強も不可欠ですが、2000問を丸暗記しただけでも、受からないこともありますから。

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

史上最強の試験講座

四月に合格を望む方、今が機会です!試験の前に、テストのエッセンシャルを聞いてみませんか?ご支持頂いている本講座は今空席あり、見逃さないでください!

詳細は下記です!

> http://www.meridionalis.com/pdu/LEGO.html

▲「一陽来復」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日、友人が「一陽来復」を持ってきてくれました。

これは、事務所近くの神社ーー「穴八幡宮」のお守りで、冬至から節分まで毎日頒けてもらえます。冬至、大晦日、節分の三日のうちに都合のいい日を選んで、夜中十二時に、巳午方向にお守りの文字を向け、反対側の亥子方向の高いところにお祭りするのです。あとは一年間動かさないままにします。本来金銀融通のお守りですが、「いい方向へ向かう」との意味もありますので、PMP試験合格のご利益も増やしてくれるかもしれません。

皆さん、穴八幡神社に寄って、「一陽来復」を祭ってみては如何でしょうか?

関連記事


From: 東京都 HPのCCI資格取得で利用しました。他にこれといった参考書や問題集も見...
- yutaka chiba, japan
190-802を受験しました。 90%以上の的中率でした。 素晴らしい問題集です。...
- 中村 和夫, 東京都
よい問題集でした。的中率は90%でした!!おかげさまで1週間ほどの勉強で獲得しました...
- 増田健治, さいたま市
おかげさまで無事に合格しました。 Oracle 1Z0-536 Oracle Exadata 11g Essentialsを...
- reiko cho, 千葉県